ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄料理をもっと皆で楽しんでもらう為に頑張りましょう。
2012/11/16 17:09:43 ブログカテゴリ 沖縄料理 | 書庫 全般
ジューシーなお肉とワインほど相性の良いものはないと思います。上品なお肉とエレガントなワインの組み合わせは最高ですね。醸造酒の良さとお肉の良さがぶつかる感じがたまりません。フルボディのような強いワインだと、食べ合わせるお肉を選ばなければいけませんが、上品なワインならほぼほぼ美味しく楽しめると考えてもよいでしょう。
デート 個室 忘年会 新年会 歓迎会 送別会居酒屋で提供される料理が必ずしも、最高のものだとは限りません。疑いながら食べろとは言いませんが、このお店は丁寧に料理を提供してくれるのだろうか。商品についての知識はあるのか?と、気にする目は持っていた方が賢明だと言えます。ただ、食べ物を口にして、お酒が飲めればよいと思っているならいいですが、少しでも美味しいものを食べたいと思っているなら意識していた方がいいと言えます。
日本酒とお刺身を最高の環境で楽しむ為には何が必要なのか考えてみました。まずは醤油です。あまり香りが強いものはよくありません。刺身のうまみを消してしまうからです。それに味が濃すぎるのもよくありません。味がぶつかってしまいます。可能なら醤油に頼るのではなく、醤油なしで刺身を頂くかお塩で頂くのがベストだと思います。上質なお刺身なら塩すらいらないほどに味があるはずです。もしこの感覚を理解できないのであれば、「ソース」に頼りすぎた生活をしている可能性があります。非常にもったいないので、この機会に食生活を見直して下さい。もっと人生が楽しくなる可能性があります。
チーズをふんだんに使ったピザが食べたいです。せっかくだし、ヴァイツェン的なビールと一緒に楽しめたら最高だなと思います。IPAやピルスナーのようなビールもいいですが、私としては脂っこい料理にはさっぱりしたビールが一番だと思います。脂っぽい味わいの料理に対して、ぶつからない程度のヴァイツェンを差し込めば、ほのかな香りさえ楽しめると思います。
新酒はとにかくフレッシュですっきりしている味わいになります。熟成させたお酒には勝てない部分もありますが、その逆もしかりです。若いお酒なりの魅力がたくさんあるというものです。一番は素材の味を確認できるところがおすすめでしょうか。熟成したお酒になると、どのうまみが前に出ているかわからない場合が多いです。実際に、ソムリエと呼ばれる人でさえも、ブラインドではよくわからないというのが現状だと思います


コメント(0)
トラックバック(0)