ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
真剣に介護を考える
2014/11/05 10:25:00 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
長男は出勤して、日中は父親ひとり。

父親は何でもひとりででき、手がかからなかったのですが、要介護になってからは食事などもひとりでは難しくなりました。

要介護認定を受けてからは、訪問介護で、食事介助(身体介護)調理・掃除・洗濯(生活援助)を依頼していますが介護保険の支給限度額内では収まりません。

このような場合、経済的な余裕があれば、介護保険とは別に民間の家事代行サービスを依頼する方法もあります。

要介護者の居室以外の場所は、定期的に民間のお掃除サービスを利用すると要介護者も家族も気持ちをリフレッシュさせることができます。

家事全般を頼みたいときは、家事代行サービス会社や家政婦紹介所などに依頼できます。

また、市区町村によって介護保険とは別に、配食サービスや外出支援などの高齢者福祉サービスを実施していたり、シルバー人材センターや社会福祉協議会などが有償ボランティアで家事代行サービスを行っている地域もあるので、市区町村の高齢者福祉課などで相談するとよいでしょう。



コメント(0)
トラックバック(0)