ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
都の日暮れ581
2017/12/10 12:19:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 581

その日には、花林育子と赤木佳子、それに意外だったが宮沢奈津子も見舞いに来てくれていた。倉田洋平は皆に御礼を言い、兄の病状はかなり深刻だと言った。暫く沼田安子が介護をしてくれる事になったと言い、私、洋平も県外に出るのを断念したと言った。洋平は宮沢奈津子に御姉様の智恵子さんは元気ですか?わざわざ御見舞いありがとうと言った。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ580
2017/12/09 11:02:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 580

倉田洋平達は家族待ち合い室で静かに待っていた。洋平が沼田安子に皆の昼食に特別製の弁当をデパートで買って欲しいとたのんだ。洋平は野中を別室に呼び出し今後の事を相談した。兄の洋八の病状からしてこの五日間が山場だろう。仮に会社に復帰しても無理は出来ないだろう。そういう事で私は大津行きを断念した。野中にはすまないが大津のマンションの件と、那覇のマンションの件、前のように戻してくれ。それに伴う損害額は支払うのでよろしく頼むと言った。野中は快く引き受けこれから大津に向かいたいと言った。何か緊急の事があったら知らすと言った。それから、野中、兄洋八は残念だが近く会社に辞職願を提出したい。急な事で兄の預金関係がわからないが明日にも実家に行ってみる。必要な費用は遠慮なく言ってくれ。とりあえず五十万円をもっていけといった。沼田安子が弁当をもって戻っていた。暫くして社長の倉田英二もやって来た。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ579
2017/12/08 15:20:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 579

翌日の昼前に沼田安子が来た。洋平はあなたしか今は頼めない。暫く、お願いしたいと言った。昼過ぎにナースステーションから呼び出しがあった。これから兄の洋八の大動脈剥離の緊急手術を行うので同意書にサインするように言われた。そして手術室前にいるように言われた。洋平は沼田安子と手術室の前の部屋に行った。暫くして兄の洋八が沢山の管を巻かれてやってきた。洋平は小さな声で頑張ってと言うのが精一杯だった。手術が始まっていた。暫くして、野中と花林育子と赤木佳子が慌ててやってきた。洋平は先程から兄の洋八の大動脈剥離の緊急手術が行われていると言った。花林育子と赤木佳子は涙を流して聞いていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ578
2017/12/04 15:44:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 578

倉田洋平は悲嘆に暮れていた。野中に後で知ったのだが矢原という脳外科の専門医からの先程の洋八の病状を話した。野中には倉田総合産業の事を考えてくれ。兄の事まで心配するなと言っておいた。ただ野中には兄の病状が良くなっても直ぐに職場復帰は無理だろうとも言った。野中には、もし事業資金が必要な時は言ってくれ。兄の預金関係は実家に保管されているはずだと言っておいた。そして、洋平は明日の兄の洋八の手術を気にしながら暗い夜を過ごしていた。洋平にとってはまあ良くやっていた方であった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ577
2017/12/04 13:39:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 577

倉田洋平と野中は長い間待ち合い室で病院からの呼び出しを待っていた。その日の夜遅く緊急治療室から連絡があり洋平が医師に会いに行った。別室で二人の医師から洋八の病状の説明を受けた。洋八はかなり重体でまだ完全に意識は回復してはいないといい、かなりの検査の結果、大動脈剥離の所見があり明日にも緊急手術をすることになったと言った。また十二指腸にも異常があり、経過を見ながら手術をすると言った。医師は大動脈剥離の手術には大学病院から専門医が来る予定になっているがここ一週間が山場だろうと言った。ようするにこの一週間以内に意識が戻らない場合は回復の望みが薄いということだった。洋平は最近、母親を亡くし、患者と私だけになってしまっている。先生、何とか助けて下さいと床下に座り涙を流しながら頭を何度も下げていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]