ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
初笑い 1
2018/01/08 11:16:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
忘年会と
自分の年齢すら
思い出せない老人は、どちらも恒例の年忘れです。
どちらも高齢の歳忘れです。


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ604
2018/01/08 10:50:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 604

倉田洋平は兄の洋八の回復状況を見ながら、洋平の周辺の女性達一人一人と会い御礼金を渡す事にした。まず数日後、友坂理恵と那覇の首里にあるホテル日航グランドで会った。洋平は兄の事で大変ありがとうございました。これは兄からの御礼ですと言い、一千万円を渡した。洋平はあなたが側にいなかったら私はどんなに不安だったか知れません。兄が退院してからもどえぞよろしくお願いいたしますと言った。友坂理恵はやはりお金が必要だったのだろう。終始ニコニコして大きな紙袋を見ていた。友坂理恵が洋平さん宮沢智恵子さんが帰って来たらもう一度結婚を申込んだらいいですよ。だめなら私が受けますからと言い、笑った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ603
2018/01/07 13:30:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 603

倉田洋平は奈津子に、先日、久しぶりに智恵子さんから電話があり、近い内に沖縄に帰るとの事でしたとだけ言った。洋八は順調に回復していた。まだ話しは出来ないものの識別は十分かるようだった。翌日、野中が来てくれた。友坂理恵によろしくとお願いして野中と那覇の新都心にあるホテルダイヤモンドに行った。久しぶりに中華料理を食べた、野中が、英二社長と人事部長の三人で話し合いをもった。まず専務の倉田洋八さんの辞職を了解した。それから、洋平が倉田総合産業に戻って来てくれる事を皆喜んでいた。常務に復帰して貰いたいとの事だ。また、社長からの依頼で花林育子を再度社員にして貰いたいとの事で皆、了解したと言った。野中、倉田英二社長に、兄の洋八の持株全てを適当な値段で譲ると伝えてくれ。英二社長は倉田総合産業の社長てしては余りにも持ち株が少ないと見ている。これでかなり穏やかになるだろうと言った。それから、野中、兄の洋八と私は母親からかなりの遺産を相続した。そこで、兄を見舞いに来てくれた皆に兄の預金から御礼金をだす。私の一
存で決めた。兄の今度の医療費や入院費用は全て私がもつ。野中、兄の洋八の退院後の事を考えてはくれないか?と言った。野中が友坂理恵はよくやってくれているとポツリと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ602
2018/01/07 11:10:49 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 602

倉田洋平は宮沢奈津子に友坂理恵から聞いた、兄の洋八が自分の知っている女性の大半とかなり濃密な関係だった事を聞き、衝撃を受けていると言った。また兄の洋八があなたの姉の宮沢智恵子さんにぞっこん惚れ結婚を申込んだ事も聞き、これまた大きな衝撃を受けているとも言った。奈津子は、友坂さんから全て聞かれたのですね。姉の智恵子が洋平さんにすまない事をし、多額の金額を騙しとった事の罪の意識に耐え兼ねてノイローゼになり自殺したいと妹の私にうちあけました。自殺だけは絶対にさせたくないと思いました。これ以上洋平さんの力を借りる事もままならず洋八さんや友坂さん達に協力を頼んだのです。一命をとりとめ洋平さんに釧路赤十字病院で付き添いを頼んでしまいました。そうする事で洋平さんの優しさに触れさせようにしたのですが姉の智恵子は罪の意識が強く、申し訳ないとばかり言っておりますと奈津子は言った。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ601
2018/01/06 14:22:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 601
翌日、倉田洋平は野中を呼び出し、久しぶりに那覇の首里にあるホテル日航グランドホテルに行った。倉田洋平は野中から言われていた東京で住む事は無理だと判断し沖縄にいる事にした。そして洋八が倉田総合産業に復帰する事は無理だと判断し数日以内に辞表を提出すると言った。野中も致し方ないと了解した。そして倉田洋平が自分が倉田に戻りたいので社長の倉田英二と相談してくれと言った。役職はなくてもいいと言った。野中が洋平に、久しぶりに宮沢智恵子が沖縄に帰って来たらもう一度、結婚を申込むように勧めた。翌日、洋平は宮沢奈津子に会っていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]