ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
私の選ぶ笑いの川柳5
2011/09/11 14:28:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
1、「今帰る妻から返信まだいいよ」
 
2、「このオレにあたたかいのは便座だけ」                                    3、「忘れぬようメモした紙をまた探す」                                       4、「妻の口マナーモードに切りかえたい」                                    5、「ヨン様かあオレは我が家でヨソ様さ」                                    6、「子供去り飼い犬去って妻が去る」                      7、「メール打つ早さで仕事がなぜ出来ぬ」                                    8、「やめるのか息子よその職オレにくれ」                                     9、「うっかりと好きだと言って五十年」                  ・人生は短い。だからけして泣かないで、また明日。


コメント(1)
トラックバック(0)

秋のギャグ
2011/09/11 12:02:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 1、「長男が手術したのは腸なんです」「あー、ちょうなんですか」「ちなみに次男は痔なんです」                     2、「おじいさん、じいさんボケしていない?」    「忘れた?それおじいさんが持参したおみやげだよ」                                 3、「祖母は素朴な味が好きです」「でも、祖母の性格はけっこう粗暴です」                       4、「孫のまごころが嬉しいの。ありがとう。」                               5、「今年ももち食べてもちつもたれつでよろしく」                                             6、「ハイキングの後はバイキング」


コメント(0)
トラックバック(0)

トウモロコシに吹く風130
2011/09/11 11:36:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
翌日は良く晴れていた。梅雨のはれ間と言う感じであった。昨夜は友坂課長の事で何度か目が覚めた。じたばたしても結果は明日しかわからないとあってはいたし方なく静かにすごすしかなかった。昼過ぎにでも前に一度行った事のある長崎市が一望出来る稲佐山に行く事にした。ホテルからは近く日曜日とあってかかなりの人がロープウェイ入口に並んでいた。稲佐山からは長崎市が一望出来
特に長崎港はいつ来ても歴史が感じられた。またこの稲佐山は遠藤周作の作品でも有名だが、キリシタン弾圧の描写のある稲佐山はその意味においてももの悲しく涙を誘う。長崎は思えば長崎原爆投下と、遠くはキリシタン弾圧の歴史を背負っている美しい街でもあるのだ。夕日が差し込んでいた。それとともに友坂課長が明日何事もなく釈放される事を願わずには居られなかった。夕闇が迫る頃長崎港の辺りを歩いてみた。ホテルに電話を入れてみたら総務部の塩崎課長から一件連絡があったと言った。真っ赤な夕日が沈んでいた。寂しい光景に見えた。長崎名物のチャンポンラーメンと餃子を夕飯として食べたが食欲が今一つなかった。早めに寝る事にした。                     つづく


コメント(0)
トラックバック(0)