ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
秋の小話23
2011/09/21 16:43:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 「どうしてボクはこう忘れっぽいんだろう」   「なにを忘れたの?」      「今日、貸した金を返してもらうことになってたんだ」   「だれに」   「それが思いだせないんだ」
 
 
 
 
「ここが新婚旅行第一夜を過ごすホテルだよ」と新郎が言った。すると、新婦が「でも、あんまりよくないわね」と言った。そこで新郎が「ここは一流中の一流ホテルだと思うよ」と言った。すると新婦が「でも、どのボタン押してもベッドが動かないわよ」と言った。
 
 
 
「俺、ニワトリじゃないかと思うだ」と三郎が言った。すると五郎が「いつ頃からそう思うようになったんだ」と聞いた。そこで三郎が言った。「ひよこの頃からだよ」
   


コメント(0)
トラックバック(0)

トウモロコシに吹く風148
2011/09/21 09:06:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
三日間の休日もあっという間に過ぎていた。その日は、明日から出勤という事で早めに休んでいたのであった。外は久し振りに小雨模様であった。私の名前をよぶかすかな声と部屋のドアを叩く音で、寝入り鼻を起こされたという感じだった。私を呼ぶ声が次第に大きくなった。急いでドアを開けると佐世保消防署から急用の電話だと言った。急いで電話に出ると、こちらは佐世保消防署の救急車です。ハウステンボスの研修センターの三宅さんの同僚の方ですね。先ほど三宅さんが急に倒れられて今、佐世保市立病院の救急センターに搬送されました。本人からあなたを病院に呼んで欲しいとの要望があり真っ先に連絡を入れております。かなり危険な状況ですのですぐに佐世保市立病院まで来て欲しいという事だった。私はその時ただ呆然と聞いていたが信じられず耳を疑っていたに違いなかった。                      つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

トウモロコシに吹く風147
2011/09/21 08:55:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
九月になり長崎でもやっと暑さが和らいできた。七月、八月と猛烈な暑さの中でほとんど休みなしで勤務が続いていたためほとんどの社員が疲労の色を隠せなかった。九月になり三日間の連続休暇が取れたのは中旬になってからだった。明日から休みに入るという夜、西海橋近くの花屋敷に行った。店の人が私を見て随分日焼けしましたねと言った。私は生まれが沖縄ですからね。日焼けなんかではないですよと言って笑った。店の人はそれでも私をまじまじと見ていたようだった。明日から休みと思うと今度の休暇は特に嬉しかった。料理を持ってきた店の中年の人が先日会社の同僚の方が一人でひょっこり見えておられました。盛んにお客様の事を話していました。と言って笑った。ああ、三宅課長だなと思ったがしかし一人とは珍しいと思っていた。私は夏休みシーズンと云う激しい時期を無事に乗り切れた事にある意味でほっとしたしまた嬉しくもあった。なぜなら、ハウステンボスでの勤務を無事にこなして退職したかったからであった。明日から三日間休みだと思うだけでビールはいつもよりもうまかった。       つづく                


コメント(0)
トラックバック(0)