ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね空に吹く風320
2013/04/21 20:53:49 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
翌日は朝から

大雨だった。

冬の雨は寂しく

嫌になる。

そろそろ浅野

とも会わなく

てはと考えて

いた。あれから

里谷夕日からも

何の連絡も無

かった。

柴田の叔母さん

はどうも娘が

帰ってこなけれ

ばどうしょうと

心配している

様子が見られた

。私は念のため

紀子姉さんが

約束を守らず

大阪に居残った

場合はどうすれ

ばよいかを

考えておくべき

だと思っていた

。昼休みだけは

真面目に本を

読んでいた。

夕方清水さん

から電話があり

友達の竹田さん

も一緒に新都心

の小料理屋桜河

にいます。

是非ともいら

して下さいと

連絡があっので

タクシーで

行った。

新都心はいく

たびに食べ物屋

さんが増えて

いた。

小料理屋桜河に

行くと清水さん

が合図した。

個室に女性が

二人いた。

山野ですと言い

ビールを注文

した。竹田です

と言った女性が

これまた魅力的

な女性だった。

沖縄は美人ばか

りだなあーと

つくずく思って

いた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡10
2013/04/21 18:08:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
江田川奈穂子は

前原高校を

卒業後

沖縄聖慈悲看護

学校に入学し

正看護士の資格

を取っていた。

奈穂子は平安座

中学時代から

理数系が得意で

化学の分野では

秀でていて、

前原高校時代も

化学は常に

トップクラスで

あった。

理数系だけで

なくスポーツ

にも優れた

才能をいち早く

示し

バレーボール

チームの主将を

努めるなど信頼

も厚く活躍して

いた。奈穂子の

家は平安座島

でも屋慶名寄り

で父親は

遠洋マグロ漁船

の会社の乗組員

で生計を立てて

いた。

母親は小さな

土地で畑仕事を

していた。

平安座島の近く

に宮城島、

伊計島があり

島は繋いでいた

。また平安座島

の前には浜比嘉

と云う島があり

現在は浜比嘉橋

で繋がった。

近海は魚がよく

捕れ半農反魚と

言えなくもない

。江田川奈穂子

の家の経済状態

はかなり良い方

だと言えた。

奈穂子には

五歳違いの妹が

いた。奈穂子と

は違い気の強い

勝ち気な女の子

であったが稀に

みる可愛い

子で平安座

小中学校時代

から目立つ存在

であった。

妹は菜々子と

言った。菜々子も

姉と同じ

前原高校に

進学した。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風319
2013/04/21 17:38:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
北田さんから

早速電話があり

五十万円の

振り込み本当に

ありがとう

ございました。

大変助かります

。保険料の未払

いが多くて大変

なんです。未納

があると給料や

ボーナスに響く

のです。母親の

介護のことは

いつか聞いて

下さいねと

言った。お役に

たてて嬉しい

ですと言った。

遠くから強烈な

香水の匂いが

今にもして

来そうだった。

北田さんなら

沢山の人に声を

かけている

ような気もして

いた。私は職場

から那覇市立

病院に行った。

内科病棟の

ナースステー

ションに行った

。柴田としさん

のことで相談

したいことが

あると言った。

ナースが聞いた

。どういうこと

でしょか?

私が実は私は

柴田としさんの

親戚の者である

が、昨日柴田

さんの娘が大阪

に行った。

柴田さんの退院

はいつ頃になり

そうかと聞いた

。主治医の先生

に聞いて答える

が早ければこの

一週間以内には

退院出来る

でしょうと

言った。仮に

退院許可が出て

も退院を延ばす

ことは出来るか

と聞くとそれは

無理だと言った

。私は念のため

聞いておいた。

叔母さんの病室

に行った。

色艶も良く

日に日に良く

なっていること

がわかった。

紀子姉さんが

退院の日までに

帰って来ること

を願っていた。

法隆寺で会った

もう一人の

清水さんから

電話があり明日

誕生日だから

居酒屋でもいい

からお祝いして

下さいと言った

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風318
2013/04/21 12:44:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
北田さんは

明日銀行口座を

教えると言った

。私は会計を

すまし店を出た

。北田さんは

私の腕をつかん

だまま下階に

降りた。

お礼はいつか

します。

私も経済的に

大変なんです。

法隆寺で会った

のも何かの縁


だと思ってこれ

からも私を助け

て下さいねと

言った。

北田さんの

香水の匂いは

かなり強烈で

普通の男はこの

香水に惹かれて

いくこと間違い

ないと思われた

。これから

電話も多くなる

と思いますから

よろしくと

言った。

翌日北田さんの

口座に五十万円

振り込んだ。

遺産相続に伴う

相続税もまだ

納めてない内に

思わぬ出費が

あった。しかし

困っている人の

事をやって

おけば良い事も

またあるだろう

とその時は

考えていたので

あった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)