ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね空に吹く風324
2013/04/22 20:14:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は翌日竹田

さんに電話を

した。竹田さん

にすぐつな

がった。

先日は遅くまで

すみません

でした。初めて

お会いした方に

お願いすること

は常識外れだ

とは良くわ

かっております

があの時お話

したように私の

叔母の娘が

大阪から退院

までには帰って

来そうもあり

ません。どこか

お世話下さる所

はないでしょう

かと言った。

そうですか。

自分の母親を

山野さんに押し

付けるなんて

考えられません

。山野さん

私の知り合いで

短期間介護して

下さる所が

あります。

浦添で医療機関

とも提携して

おり心配は入り

ません。

退院の日までに

娘さんが帰れ

ないようでし

たらまた連絡

して下さい。

市立病院に

迎えに行って

もらいますから

と言った。

本当にありが

とうございます

。費用は十分

ございます。

ご迷惑はいっ

さいおかけいた

しませんから

よろしくお願い

しますと言った

。実際紀子

姉さんは帰って

こなかった。

私は竹田さんの

おかげで助かる

ことになるので

ある。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風323
2013/04/22 18:57:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
暫くして私は

早めに帰ります

と清水さんに

言い、何かの時

は連絡下さいと

言った。会計は

私が全て済ま

した。それを

見て清水さんは

喜んでいた。

保険関係の会社

に勤めている人

は余り余裕が

ない事がこの日

からわかって

いった。翌日も

天気が悪かった

。竹田さんの

魅力的な体が

ちらちらして

仕事にならな

かった。

清水さんは何故

私を呼んだのか

、法隆寺で

あった友達は

見えず何故

竹田さんという

友達を呼んだ

のか私は

さっぱりわから

なかった。

私は忘れていた

がどうも私は

法隆寺で岐阜で

相続の話しが

ありその帰りで

あることを

話していたよう

だ。私への連絡

は紛れもなく

今度の遺産相続

と関連があると

結論づけた。

垣間さん達も

なんらかの事を

嗅ぎつけている

ような気がして

ならなかった。

那覇市立病院に

いつものように

行った。

柴田の叔母さん

は元気だった。

この分だと退院

は早まりそうだ

と思う反面

紀子姉さんの事

も気になって

いた。

ナース

ステーション

にも柴田の

叔母さんに

ついての電話は

一件もないとの

事だった。

私はまたしても

紀子姉さんに

だまされたの

だろうかとの

疑念が芽生えて

いた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡11
2013/04/22 18:01:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
江田川奈穂子は

看護学校を卒業

と同時に学校

推薦で中部に

ある沖縄でも

古い歴史のある

沖縄中部聖

南十字会総合

病院に勤務した

。一年目は

総合病院だけ

あって全ての

診療科目の

ナース

ステーションを

廻らされたよう

で、かなり

ハードな

スケジュールを

こなしていた

ようであった。

やはり医療関係

では二年近くは

研修過程だと

思われた。

奈穂子の本格的

なナースとして

の勤務は

内科病棟だと

云う。奈穂子は

かなり優秀な

ナースだったと

みえかなりの

重症患者ばかり

を担当させ

られていたよう

だ。兎に角

奈穂子の社会人

としての

スタートはここ

沖縄中部

聖南十字会

総合病院から

始まったので

あった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風322
2013/04/22 15:00:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は確かに突然

岐阜の弁護士

から遺産相続の

書状が送られて

来て岐阜まで

来るように

言われたのです

。全く心当たり

がなく何かの

間違いではない

かと思って

おりました。

しかし私の家族

に対する相続

でした。法隆寺

に行った時は

相続が完了して

相手の方の

お墓参りの帰り

に京都と奈良に

よったんですと

説明した。

目の前には多く

の料理が並べ

られていた。

竹田さんも

美味しそうに

食べていた。

今日は法隆寺で

会ったお友達は

見えないのです

かと聞くと

みんな忙しい

からねと言った

。竹田さんが

山野さん時々

美味しいのを

食べに行き

ましょう。

私お寿司が

大好きなんです

と言った。

私が今私の

叔母さんが

那覇市立病院に

入院していて

娘の代わりに

毎日午後から

見舞いに行き

今日もその帰り

なんです。

娘がいつ帰って

来るかわから

なくて心配です

と言った。

山野さん、

娘さんが帰ら

なくて困った時

は連絡下さいと

竹田さんが名刺

を出した。

その時は相談に

乗って下さいと

言った。

清水さんは

私と竹田さんが

話しが弾んで

いるのを見て

あまりいい顔を

していなかった

。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風321
2013/04/22 13:53:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は清水さんに

誕生日おめで

とうございます

と言いお祝儀を

五万円した。

北田さんに

五十万円出した

後だけに

バランスを

考えた積もり

だった。

しかし何故私が

清水さんの

誕生日に呼ば

れたかは全く

わからなかった

。竹田さんは

化粧品会社に

勤めていると

言った。さすが

に肌の色合いや

化粧等かなり

目を引いた。

真珠のネック

レスがきまって

いた。スタイル

も抜群で清水

さんの誕生日の

事は忘れて竹田

さんに目が

いった。

竹田さんが山野

さんは岐阜に

良く行かれるの

ですか?と

聞いた。

姉が岐阜に嫁い

でいるものです

からと言った。

私はビールを

飲みながら昨年

の九月から

三回行きました

。あることで

どうしても行か

なければならな

かったのです。

岐阜はなかなか

いいどころです

ねと言った。

清水さんが山野

さんは法隆寺で

相続の件で岐阜

の帰りですと

言っていました

よねと私を見て

言った。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)