ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
遥かなる海峡18
2013/04/30 16:39:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
菜々子の話し

には前回から

余り新味はな

かった。私は

奈穂子さんの

失踪前後の話し

を聞く時期かと

思ってはいたが

菜々子さんの

気持ちを考える

と苦しかった。

菜々子さんも

そのあたりの

ことは良く

わかっていた。

今から八年前の

夏でしたと話し

始めた。

平成十四年の

夏になる。

奈穂子は夏の

休暇が取れたと

云い平安座島に

帰って来た。

毎日海岸沿いを

歩いては平安座

はいいと嬉し

そうにしていた

。菜々子と

平安座から

宮城島そして

伊計島までの

島づたいを

見ながら夏休み

を楽しんでいた

と云う。

夜はマグロや

ウニを良く食べ

やっぱり平安座

がいいと言って

いたそうである

。父親も

遠洋マグロ漁船

から降り平安座

に帰っていた。

父親は美人で

ある奈穂子を

特に可愛がって

いたようである

。奈穂子が休み

を終え平安座を

離れる時、

お父さん


暮れ暮れも海は

気をつけてねと

言ったと云う。

父も奈穂子

頑張ってな。と

見送った。

奈穂子は家族に

見送られて

帰って行った。

父も母も妹の

菜々子も奈穂子

の姿をそれ以来

見ていないと

云う。あれから

八年も経って

しまったと話し

菜々子は

ハンカチを目に

当てた。私は

側で菜々子を

見るにつれ

可哀想で

たまらなかった

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風347
2013/04/30 12:51:07 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅野に行った。

奈良の法隆寺に

行った際

知り合った女性

三人から時々

連絡が入る。

保険勧誘の

ようだ。

またその人達の

知人で化粧品

関係の女性とも

知り合いに

なった。しかし

今のところ

法隆寺の御利益

らしきものは

ない。これから

吉とでるか全く

わからない。

今年は波乱の年

になりそうだと

言った。浅野が

お墓が完成し

相続税を完納

すれば大体の

目どもたつ。

そう神経質に

なるな。良い

こともたまには

あるよと浅野は

いうがたまには

では困るので

ある。

それから浅野、

先日中部電力の

館林取締役が

紹介した名古屋

の不動産屋の

紺野さんから

電話があり

不動産に関心は

ないかと云う。

近い内に知人が

沖縄に行くので

会って欲しいと

云うことだった

と言った。

浅野はやはり

来たか。

考えられない

ことではない。

その時は知らせ

と言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風346
2013/04/29 20:47:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅野が柴田の

叔母さんに

ついて聞いた。

叔母さんは軽い

狭心症で入院し

、十日ばかりで

退院した。

しかし娘が母親

を私に頼んで

大阪に行って

しまった。

私は困っていた

が知り合いの

紹介で浦添に

ある老人保健

施設の

はながすみに

入所させている

。と説明した。

浅野はその娘も

大変だなぁと

同情していた。

浅野はその後は

どうか、元気に

なったかと言う

と山野の

一千万円で

助かったよ。と

笑った。二度と

カジノだけは

しないでくれと

言った。三月に

山野のお墓が

完成する。

その時は参列

してくれ。

私の母も洋二も

浅野が来て

くれると大変

喜んでくれると

思う。そうか

洋介、良く

やった。喜んで

参列するよと

言った。

ママさんは私達

の話しを聞いて

いたが浅野さん

が山野さんから

一千万円どう

なさったのです

かと言って

笑っていた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡17
2013/04/29 17:37:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
江田川菜々子

から電話が

あった。明日の

土曜日に姉の

ことを話したい

。店ではなか

なか話し

ずらいものです

からと云い

那覇大橋の近く

の能登の海まで

来て欲しいと

言った。

能登の海の刺身

はさすがに新鮮

でうまかった。

菜々子はすでに

来てビールを

飲んでいた。

いつも店に来て

頂きありがとう

ございますと

言った。今日は

いつもより濃い

目の化粧をして

いた。髪も

肩まで伸ばして

いた。ビールを

飲んだ。

菜々子が話し

始めた。姉は

看護士一途

だったのか周囲

に医師などの

男性の影がなく

今でも疑問だと

言った。二つの

病院に行きき

している間には

何らかの男の人

が浮かび上がっ

てきそうだが

それがないと

言った。奈穂子

は聖南十字会

病院に勤務して

一度だけ東京と

京都に旅行して

おり土産を

貰った記憶は

あると言った。

菜々子は姉が

中部青風会病院

に移らなかった

のも何か理由が

ありそうだが

わからないと

言った。

内科病棟から

外科病棟まで

幅広く病棟を

見ていたようで

かなり看護士と

しては高度な

技術力があった

と思われた。

スポーツで

鍛えた身体と

美貌の女性で

ある奈穂子に

好意を持った

男性は必ずいた

はずですと

菜々子は強調

した。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風345
2013/04/29 15:34:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
北田さんの乳腺

の検査が悪性で

ないことを

祈った。あの

体つきでは

きっと綺麗な

胸だろうと

思ってなおの

こと異常がない

ことを願って

いた。

週末になった。

私は夕闇ととも

にかすが乃に

急いだ。

浅野はまだ来て

いなかった。

山野さん久し

振りですね。

最近は浅野先生

とは飲まないの

ですかと聞いた

。そうですね。

私が少し忙しく

てと云いビール

を飲んだ。

ママさんの話し

では浅野は週に

一度は医者仲間

と店に見え

かなり高級酒を

飲み、会計を

していくと

言った。

おかげで売り

上げが増え

助かっていると

言った。また

一人で遅くから

来ることもある

と言った。

浅野はママさん

を誘うことも

あるのですか?

と聞くと含み

笑いをしてごま

かしていた。

色気たっぷりの

ママさんが誘わ

ないわけはなさ

そうだった。

浅野が来た。

久し振りだな

山野と言った。

思ったより元気

だった。

落ち込んでいる

のかと思って

いたが元気その

ものだった。

一千万円で

すっかり立ち

直っていたの

だろう。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]