ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね空に吹く風453
2013/06/10 22:31:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
翌日は竹田さん

とホテル

グランド

キャッスルの

ロビーで会った

。ピンクの派手

な服装が目を

引いていた。

珈琲を飲み

ながら竹田さん

はかなり楽し

そうだった。

竹田さんが相談

と云うのは私、

小麦をあと

千トン購入

したいの?

山野さんどう

思いますか?と

言った。

私はこれだけは

何とも言え

ません。

慎重にするべき

です。と言った

が竹田さんは

あと一千トン

購入して下さい

と言った。

わかりました

竹田さんと云い

、今度北田さん

がうちの事務所

に勤務する事に

なりました。

よろしく

お願いしますと

言った。

竹田さんが

来週の週末、

写真撮影をして

下さい。

小麦の購入資金

は週明けに

渡しますので

よろしく

お願いしますと

言った。

私は凄い事に

なったなあーと

心中穏やかでは

なかった。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

夕焼けこやけ
2013/06/10 21:00:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

夕焼けこやけで

日が暮れて

今日も暮れて

いきました。

今日は

一日いい日

でしたか。

明日もいい日で

有りますように。


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風452
2013/06/10 20:57:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
北田さん、

一つお願いが

有ります。

竹田さんとの

ことです。

竹田さんに

頼まれ同じ

大井川物産から

小麦二千トン

購入し価格も

事務所から

聞いてもらつて

おります。

私は竹田さんと

冷静な対応を

お願いしたいと

思っています。

先日の給与では

若林さん達が

約一千百万円、

竹田さんが

約四百万円

でした。

小麦の価格次第

では北田さんが

竹田さんを

上回ってくると

思います。

重ねて冷静な

対応をお願い

しますと言った

。北田さんは

よくわかり

ましたとだけ

言った。

少しビールを

飲み北田さんに

交通費にして

下さいと三万円

渡し店に

行かせた。

私はその日

早く帰り

これから

どのように

なって行くのか

思いあぐねて

いた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風451
2013/06/10 17:20:24 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
週末になった。

大分日差しが

やわらいでいた

。私は北田さん

から言われて

いた新都心の

小料理屋

加茂川に行った

。かなり高級な

店だった。

北田さんが奥の

部屋から合図

した。久し振り

、元気ですか?

と聞いて

エビスビールを

頼んだ。

まだ外は

明るかった。

北田さんは

若林さんから

この間の事は

聞いて知って

いた。私が

北田さん、

清水さんと

花山さんの

知り合いには

参りましたよ。

何故あんな事を

するのです

かねーと言った

。北田さんは

黙っていた。

私が北田さん、

これからどう

なさるか決め

られたのですか

?と聞いてみた

。刺身の

盛り合わせを

二人分持って

来た。

北田さんが刺身

を美味しそうに

食べた。

私決めました。

山野さん、

私を是非、

山野さんの

事務所で働か

せて下さい。

私、経済的に

大変困っている

のですと言った

。私がそうで

あれば、

若林さんと

同時に

勤務なされば

良かったのにと

言った。

北田さんは

どうかお願い

しますと頭を

下げていた。

今までこんなに

頼まれた事が

なかっただけに

何かあった

のではと思った

。わかりました

。採用させて

頂きます。

若林さんと

連絡を取られて

出勤して下さい

。今日付けで

採用させて

頂きます。

よろしい

でしょうか。

基本給三万円、

交通費二万円、

家族手当て

二万円、

特別手当ては

随時と云う事に

しましょう。

よろしく

お願いしますと

言った。

北田さんは

ありがとう

ございますと

云い私の手を

握り締めていた

。かなり経済的

に逼迫している

様子だった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あかね空に吹く風450
2013/06/10 15:41:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
翌日は朝から

雨だった。

秋の雨だった。

一日一日

秋らしくなって

いく。

小麦の価格が

二万一千九百円

に安くなった。

米国の天候が

持ち直している

とのことだった

。清水さんから

連絡があった。

酒井さんの

退職のことを

聞いていたが、

もうすんだ事

です。

清水さんの

知り合いに

そんなことを

なさる方がいる

とは意外でした

。清水さん、

花山さん、

こちらの小麦の

ことには関心を

持たないで

下さい。

私達なりに

頑張って

みます。

皆んな寂しく

思っていますと

云いこちらから

電話を切った。

竹田さんから

連絡があり

二万一千九百円

だと言った。

山野さん、

それでは週末ね

と言った。

紀子姉さんの

携帯には

つながらな

かったが先日、

代わりの者だと

云う人の携帯に

繋がった。

山野と云う者

だが至急

柴田紀子さんに

伝えて下さい。

母親が胸の病気で

手術するかも

知れないので

山野まで必ず

連絡して欲しい

。また頼むから

連絡させてくれ

、年おいた母親

が可哀想でねー

と言ったが

切れてしまった

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]