ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
遥かなる海峡53
2014/01/31 15:06:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は東山律江

と別れて

からもまだ釈然

としなかった。

ただ収穫は

奈穂子は優秀な

看護師だった

ためいろいろな

科の病棟から

引っ張りだこで

あったことと

外科の大きな

手術にも十分

立ち合わされて

いた事実が

あったことが

はっきりした

ことであった。

私は柏木さんに

話すべく近くの

スナック話園

に行った。

柏木さんも

菜々子と連絡を

取り合い田川

吾一に会って

いた。

私が奈穂子の

同僚の看護師

東山律江から

聞いたところ

ではどうもこの

失踪事件には

病院に関連した

何かが隠されて

いるような気が

すると言った。

柏木さんは

うんうんと

頷いていた。

東山律江は

奈穂子が失踪

して後勤務して

いた病院を

一年位で退職

している。

いろいろな事情

があるにせよ

早すぎるような

気がすると

言った。

私はまた奈穂子

と東山律江は

一緒に大きな

外科手術にも

関わっていた。

柏木さんも

いつか東山律江

に会ってみて

頂きたいと

言った。

しかしそれも

その後の

東山律江の失踪

で出来なかった

。柏木さんは

熱心に聞いて

いた。

柏木さんは

田川吾一との

話しは病気の

後遺症で定か

ではないところ

もあったが

吾一が云うには

これまでの

県外での

目撃情報は全て

奈穂子ではなく

別人だと思って

いると言った

そして吾一が

云うには奈穂子

は失踪して

長い間県外には

行ってないよう

に思うと

言ったようだ。

しかし

私吉澤は吾一が

何故そのように

思っているのか

までは分から

なかった。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡52
2014/01/31 14:52:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
東山律江さんは

那覇市内にある

個人病院の

恵順堂病院に

勤めていた。

昼休みの少しの

時間を取って

貰い会ったので

ある。

東山律江さんは

奈穂子が失踪

してから

まもなく

中部聖南十字会

病院を辞めて

いた。

私が聞いた。

東山さんが

南聖十字会病院

を辞めるに

あたり今度の

奈穂子さんの

失踪事件と

何らかの関係が

ありますか?

すると東山さん

はきっぱりと

全くありません

と言った。

奈穂子さんとは

看護業務は殆ど

同じだった様

ですが

外科とかの

大きな手術にも

一緒でしたかと

言った。

そうですねー。

良く一緒でした

。外科病棟から

よく呼び出しが

有りましたねと

云い懐かしそう

にしていた。

東山さん、

当時の勤務日誌

などには手術

などの様子も

詳しく書かれて

いましたかと

聞くとそれ程

詳しくは

なかったと

言った。

時間が迫って

いた。最後に

お聞きします。

奈穂子さんと

あなたが

同時に携わった

手術などで患者

が亡くなられた

事例は

ありませんかと

聞いた。

東山律江さんは

一瞬顔を曇らせ

たがそういう

ことは全く

無かったと

言った。

奈穂子さんの

家族が余りにも

可哀想で

こうして改めて

捜索している

のでなにか

思い出されたら

御連絡下さいと

云い礼を言って

恵順堂病院を

後にしたのである。
つづく
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡51
2014/01/28 12:05:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私はロワジール

ホテルで菜々子

さんに会った。

私達の事務所

には四人いるが

皆、菜々子さん

に協力させる

ことになって

います。

その為に色々

調査が必要なの

で菜々子さんの

委任状を頂き

たいと思って

いる。

委任状は

私田川菜々子

は平成十八年

八月に行方が

わからなく

なった

姉田川奈穂子

の捜索願を

具志川東警察署

に提出した。

この捜索調査に

関する全ての

権限を下記の者

に委任すると

云う内容の

委任状を私達

各人宛て

作成していた

だきたいと

言った。

菜々子さんは

心よく受け

入れてくれた。

私達はこの

委任状を持って

徹底的に捜索

してみようと

思った。

暫くして私は

姉の奈穂子と

失踪当時まで

一緒に看護師と

して働いていた

東山律江に

会ったのである

。時期は相前後

するがその時は

まだ島仲婦長

から東山律江の

失踪のことは

聞かされては

いなかった時の

ことであった

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡50
2014/01/26 15:22:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は近々

広島警察署に

行くことにして

いた。また

広島駅で

田川奈穂子

らしい人を見た

と云う岡山の

成山朝子と云う

人にも会う

積もりでいた。

また広島駅近く

のレストラン

経営者

倉田亮平さん

にも会わねば

ならないと

考えていた。

経理を見ている

半田市子を

呼んだ。

柏木さんから

田川奈穂子

の失踪事件の

経緯を説明

させた。

半田さんも

五十代で

子供三人を

育ててきただけ

に同情的だった

。私が半田さん

、今月から

私と柏木さんが

少し仕事から

離れることが

多くなり

半田さんに

発注を任す

ことになりそう

ですので給料を

十万円アップ

しますので

よろしく

お願いしますと

言った。

柏木さんは

坂本さんに

仕事の手順を

説明していた

ようであった。

私は菜々子さん

に連絡した。

週末に

ロワジール

ホテルで会う

ことにした。

私達は本来の

農産物関連の

仕事をしながら

田川奈穂子の

失踪事件の糸口

を見つける為に

本格的に動いた

のであった

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡49
2014/01/22 16:24:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私吉澤の農産物

の事業所は首里

の金城町にある

。近くには

首里金城町の

石畳が昔の面影

を残していた。

この辺りからは

那覇の街が一望

出来た。

晴れた日には

遠くに

慶良間の島々が

望め環境的には

静かな所にある

。私の事業所は

古い建物の一階

で家賃も安く

全く目立たな

かった。

が仕事には

支障は無かった

。柏木さんの

紹介で入った

坂本健一さんは

真面目そうな人

だった。

私は柏木さんに

坂本さんにも

田川奈穂子

さんの事を

話しておく

ように言って

おいた。

金城町の石畳を

下って行くと

金城ダムに出る

。ダムと言って

も小さなダムで

ある。

その周辺は

ウォーキング

には最適で

かなりの人が

歩いている。

その金城ダムの

近くに小料理屋

がある。

店の名は

桃園と云い

地元では

なかなか評判が

良くカウンター

は満席の日が

多い。

ママさんは

唄が上手く

カラオケで賑やかだ。

私と柏木さん

は夕方になると

軽くビールを

飲んでいた。

私と柏木さんは

今度の

田川奈穂子の

捜索についての

戦略もこの

桃園で練る

ことにした。

菜々子の話しを

聞くに付け

胸が苦しく

なった。

柏木さんも

さすがに年配

だけあって

何とか生死を

はっきりさせて

やりたいと云い

同情していた。

私と柏木さんは

金城ダムの近く

の桃園に

行った。

ビールを飲み

ながら私が

言った。

柏木さん

近い内に

菜々子さんの従兄の

田川吾一

に会って来て

下さい。

吾一は

菜々子と殆ど

一緒に県外に

行っている。

私達は今この件

では五里霧中で

ある。

とにかく

吾一に

会えば何か

柏木さんなら

感じとるかも

知れないですね

。自宅療養かも

知れないが話し

は聞ける

でしょう。

菜々子と

連絡を取り訪ねて

下さいと言った

。それから

具志川東警察署

に行ってその後

の状況も聞いて

来て下さいと

云い、

菜々子に

委任状を書いて

もらって下さい

と頼んでおいた

。私達はその時

ふと奈穂子の

同僚の東山律江

の行方がわから

ないと

島仲婦長が

言っていたと

云うことを

すっかり忘れて

いたようで

あった。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]