ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
遥かなる海峡239
2014/06/29 20:16:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
田川奈穂子は

病院側からの

かなりの脅迫に

合ったものと

思われる。

病院側は患者側

と早期の和解を

勧めた。

多額の

損害賠償額を

求められたで

あろう。

訴訟の話しも

当然出ただろう

。田川奈穂子は

平安座島に帰り

父親の松太郎、

妹の菜々子、

それに田川吾一

に全てを話し

相談した。

特に父親の

松太郎は

奈穂子の希望に

添いたいと

決めた。そして

和解を勧めた。

損害賠償額に

応じてこれまで

どうりの病院勤務

を希望した。

奈穂子も父親に

助けを求めた

のであろう。

菜々子も吾一も

父親の松太郎に

協力を求めた。

父親の松太郎は

直ぐに

宮城県の

女川漁協に行き

新洋亀徳に

相談した。

遠洋マグロ漁船

乗組員の為の

積立金と退職金

の一部合わせて

三千万円を

急遽用意したの

だろう。

それで和解が

為されたのでは

ないだろうかと

思っていたが

実際のところは

分からない。

とここまで

考えていた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡238
2014/06/29 16:58:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は羽田空港

までいろいろ

考えてみた。

私にはまだ

田川奈穂子が

どこかで生存

しているのか、

既に亡くなって

しまったかに

ついては全く

分からなかった

。私が宮城県の

女川漁港に行く

事にしたのは、

田川奈穂子の

父親、

田川松太郎の

遠洋マグロ漁船

の会社が

女川漁港にある

からであった。

私はこう考えた

。田川奈穂子は

聖南十字会

総合病院で

他の看護師と

ともに外科手術

の医療ミスに

巻き込まれた。

病院側は

田川奈穂子に

よるミスが

決定的なもの

だと決めつけた

に違いない。

病院側での

医療ミスは既に

三回に上っていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

五年目の夏32
2014/06/29 14:33:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は五年後、

人間は時により

五年間の間に

とてつもない

変化をもたらす

ものだと云う事

が如実に

分かってくる

ものだと思った

。要するに

五年と云う

月日が如何に

人間を幸せにし

また如何に

残酷にするかと

云うことである

。隅田川建設に

埼玉から

マンション建設

の件で埼玉では

中堅どころの

ジョイ

コーラスポラス

建設会社の人が

やって来て

読谷村に

十階建ての

マンション建設

を隅田川建設に

委託した。

隅田川建設も

今では下請け

関連会社が数社

ありこの受注で

かなり活気が

出ていた。

私に夏休みが

囁かれていた頃

、谷川さんから

連絡が有った。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

遥かなる海峡237
2014/06/29 11:32:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私はある構図を

描いていた。

私は翌日

那覇空港から

羽田空港行きの

全日空機の

搭乗手続きを

まっていた。

田川吾一も

同じく

那覇空港に

やって来た。

田川吾一は

関西空港に行く

と言った。

田川吾一が

もしお互い

田川菜々子に

会ったら直ぐに

連絡すると

約束した。

私は宮城県の

女川漁港に

行くと言った。

今度こそ

いろいろな事が

分かりそうな

気がしていた

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

五年目の夏31
2014/06/29 10:45:48 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
その頃までは

私松本と綾さん

の間はとても

良好であり

いろいろな

世間話をして

いた。

ごく普通の客と

して私を扱って

いた。

それが年月の

流れとともに

こうも憎しみ

合うことに

なろうとは

想像もして

いなかった。

胸の谷間から

豊かな膨らみを

惜しげなく

見せよく笑って

いたが、

かなり教養が

ありいろいろ

教えてくれる

女性だった。

それだけに

この綾さんの

後々の変貌は

私松本に全て

責任があり

後悔の念を

もって振り

返っている

。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]