ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
黄色い花の咲く頃783
2015/02/28 21:01:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
週明けからは

静かな日常を

取り戻した

かった。

しかしまだ

小麦の売却金の

手渡しは完了

していなかった

。しかし努めて

昼休みは

本を読んだり

していた。

小麦の価格は

二万三千円に

なっていた。

水沢さんから

連絡があり

内の職場から

一人そちらの

小麦の様子を

知るために

毎日出勤させて

貰えないかと

言った。

私はいろいろ

事情があります

のでと丁寧に

断った。

私は浅野に

名取さんの

状態を聞いた。

浅野が名取さん
は脳を強打され

脳内に出血も

診られた様だが

もう大丈夫と

云う所見が出て

いる。念のため

後半月入院させ

てみようと

言った。

私は開院祝賀会

にはお祝儀を

させてくれと

言った。

浅野も忙し

そうだった。

皆んなそれぞれ

の道に向かって

頑張っている

のだと思って

いた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

黄色い花の咲く頃782
2015/02/28 20:58:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
その年も

だんだん

春らしくなって

いた。

小麦の価格は

二万四千円に

なっていた。

私の予測では

いずれまた

二万円辺りの

価格があると

思っていた。

私は週末に

新都心の

和食の店

ひだまりに

行った。

白河さんと

水沢さんに

会った。

水沢さんは

和服姿で一段と

貫禄があった。

ビールに日本酒

それにワインの

飲み物が並んだ

。私は白河

さんに

小麦二万トンの

売却金を小切手

で渡した。

七千二百万円の

売却益も

含まれていた。

白河さんは

五億円余りの

小切手を見て

さすがに

嬉しそうだった

。側で水沢さん

がそのやり取り

を見て私も早く

小麦を購入

したくなったわ

と笑って言った

。水沢さんが

山野さん、

明日にも小麦を

購入して

くれませんかと

言った。

水沢さん小麦は

買えばいいと

云うものでは

ありません。

暫く待っていて

下さい。

水沢さん

購入する時は

大きく購入

しましょうと

言った。

白河さんが

緑川さんも

小麦を売却した

の?と言った。

緑川さんも

小麦を売却し

三千五百万円

余り利益が出て

おりますと

言ったが余り

関心を示さな

かった。

白河さんは

次小麦を

購入するのが

楽しみだわと

言った。

白河さんは

山野さん、
今夜は浴びる程

飲んで下さいと

上機嫌だった。

私は帰りがけに

春の月を

眺めながら

こうして小麦を

購入する事が

いいので

あろうかと

思っていた

。つづく


つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

黄色い花の咲く頃781
2015/02/28 20:54:20 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅野から連絡が

あり第二内科

医院の開院

祝賀会を来週の

日曜日にする

ので知り合いの

人達も誘い

是非とも

参加して

もらいたいと

言った。

浅野、

かすが乃の

ママさんの

小麦の売却益が

七百万円

出ている。

また浅野から

借りた三千万円

、小切手で

かえす。

医院の浦川さん

に預けておくが

いいかと言った

。そうか、

また必要なら

いつでも言って

くれ。

名取さんの

精密検査は

明後日行う

予定だと言った
。柴田の

叔母さんの娘に

会い

第二内科医院の

採用の件伝えて

おいたと言った

。週末私は一人

でかすが乃に

行った。

客はいなかった

。ママさん

最近購入した

小麦二千トン

売却しました。

七百万円の

売却益が

でていますと

言った。

小切手を

手渡した。

ありがとう

ございます。

と素直に喜んで

いた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

黄色い花の咲く頃780
2015/02/28 20:48:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
紀子姉さんは

涙を浮かべて

洋介さんには

母の介護などで

大変お世話に

なったと言った

。母もとても

喜んでいました

。母がこんなに

早く亡くなる

なんて

信じられません

でした。

私は今では

大阪に行った事
を大変

後悔しています

と言った。

はながすみの

職員から

柴田の叔母さん

が生前に

私宛てに

書かれた手紙を

手渡されました

。紀子姉さんを

よろしくと

ありました。

私が生活は

どうですか?と

尋ねた。

母は私の為に

二千万円

定期預金をして

ありました。

別にも

一千万円の現金

が残されており

助かっています

と言った。

私がこれ以上

詐欺紛いの

健康食品

システム販売

には巻きこまれ

ないで下さい。

それから

私の友人の
浅野が今度

小禄に

第二内科医院を

開設します。

浅野が

紀子姉さんが

希望なら

事務職員として

採用したい

そうです。

考えておいて

下さいと言った

。紀子姉さんは

私をお礼に

どこかに連れて

行き、

洋介さんの

好きなように

してもらいたい

と帰りがけに

耳元で囁いて

いた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

黄色い花の咲く頃779
2015/02/28 20:46:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
翌日は

グランド

キャッスルに

行き今度の

小麦の売却額等

を整理していた

。かすが乃の

ママさんの小麦

二千トンは

七百万円の

利益が

出ていた。

コーンの

一万トンは

暫く売却は

控えていた。

白河さんと

久しぶりに

連絡を取った。

約八千万円の

利益が出ており

売却額を週明け

に小切手で

渡したいと

言った。

白河さんは

水沢さんと一緒に

新都心の

ひだまりで

会いましょうと

嬉しそうに

言った。翌日、
ハーバービュー

ホテルで

紀子姉さんと

会った。

やつれてはいた

が思ったより

元気だった。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]