ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あの雪の日はかえらず210
2015/03/31 09:37:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は言った。私はハウステンボスに、勤めている者ですが,同僚が、昨夜、ある事件で、長崎警察署に逮捕され、とても心配しているところである。何か、それらしき情報は、そちらに入っていませんか。同僚は、否認しつづけており、私も無実を信じている。ついては、その事について、何か知っておられるなら、話して貰いたいと言った。すると塚本次長は、そのような情報は、まだ入っていないと断言し、例え入ったとしても、微妙な事件では起訴になるまでは、絶対に名前は出しませんので、心配なさらないで下さいと言った。有難うございますと、つい塚本次長の手を握っていた。突然、お邪魔して申し訳ありませんと言って、社をでた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず209
2015/03/31 09:26:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
そこで、私は考えた。地元紙の長崎日日新聞社を訪ねてみようと思いたった。タクシーに新聞社名を告げた。どのように頼んだらよいか思案する間もなく、すぐついた。見るからに古い建物で、歴史を感じさせられる。建物に入り、社会部に用が有ると言うと、二階だと言った。社会部の受付で、つかぬ事を伺いますが、そちらに沖縄出身の記者の方はおられませんかと、言うと、困ったような顔をして、奥に行ったかと思うと、代わりに年配の太った人が出てきた。そして、私を見ると、こちらへどうぞと応接室に通された。その人がおもむろに名刺を差し出したので見ると、社会部次長、塚本長造とあった。そして言った。あなたは、沖縄からわざわざ、おいでになったのですか。私は長崎の者ですが,若い時から沖縄出身の、比屋根さんには、ずいぶん可愛がられましてねえ。と言って笑った。しかし、何を思ったのか、真面目な顔に戻り、何かご心配の事でもと言った。私の表情から、何かを感じたらしかった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず208
2015/03/31 09:24:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は、なんとなく救われた気がしたものである。また私は、マスコミにいた経験もすっかり忘れていたのであった。長崎文化放送に電話した。私は沖縄出身の者だが、記者で、沖縄出身の者はいないかどうかを尋ねてみた。昨年まではいたが今はいないと言った。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず207
2015/03/31 09:21:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私がいきなり言った。今、長崎市にいる。センターの、友坂課長が、痴漢行為の容疑で逮捕され、長崎警察署に留置されている。総務部の指示で、長崎市に来ているが、どうしていいかわからない。釈放されるかどうかも、月曜日にならなければわからないと言った。三宅課長は、まあ落ち着いて下さいと、言った。先ずやる事は、マスコミを押さえる事です。本人の名前をださないようにしましょう。大阪の新聞社とテレビ局に、知り合いがいますので、すぐ連絡を取って、名前だけは押さえさせます。あなたも、そのあたりから動いて下さい。又電話下さい、と言ってきれた。私は、なんとなく救われた気がしたものである。また私は、マスコミにいた経験もすっかり忘れていたのであった。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず206
2015/03/31 09:19:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
これからどうしたら良いか、思案していた。電話をする為に入ったホテルは、なかなかいい感じのするホテルだった。しばらく休んでみようと思い、ラウンジに入り、軽食を注文した。口にしたとたん、三宅課長を思いだし、助けを求めようと思った。食事を済まし、三宅課長に電話をした。私がいきなり言った。今、長崎市にいる。センターの、友坂課長が、痴漢行為の容疑で逮捕され、長崎警察署に留置されている。総務部の指示で、長崎市に来ているが、どうしていいかわからない。釈放されるかどうかも、月曜日にならなければわからないと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]