ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あの雪の日はかえらず337
2015/04/30 12:30:52 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
ハウステンボスの方々ですかとすぐ声を掛けて来た。若い女性と和服を着た中年の方だった。私はホテルの人をよび飲み物を注文した。中年の女性が言った。私達は安田と申します。。私は対馬に住んでおります。娘は長崎市で従姉妹達とレストランを経営させております。となかなか柔らかい口調で話し始めた。飲み物が運ばれて来た。対馬から出てきたのですが遅れてしまって申し訳なく思っていますと言った。私は対馬ですか。韓国にも近いと聞いていますが是非行ってみたいと思っていました。私も島育ちで沖縄から長崎に働きにやって来ているのですと言った。 つづく つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず336
2015/04/30 12:27:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
長崎観光ホテルに行くと女性とその母親の姿は見えなかった。指定して来たホテルはまちがいなかった。ホテルの人がやってきてハウステンボスの方々ですかと尋ねてきた。船の都合で一時間近く遅れそうだとの連絡が先程あったと言った。私は、友坂課長が会社を辞めると言っていたがどう思うかと関課長に聞いてみた。それと今日私達が長崎市に呼ばれたのと何か関連でもあるのですかねと関課長は逆に私に聞いてきた。私は冗談だとみています。そう簡単に会社を辞められますかといって笑った。そのときロビーに二人の女性があたふたと現れた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず335
2015/04/30 12:25:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
それから二日たった。友坂課長から話しがあると云うので昼休みに社員食堂に行った。何か心配事でもあるのですかと尋ねた。すると意外なことを言った。実は長崎駅の件で、また女性の母親から先程連絡があり、長崎市まで来てもらいたいとの事だと言った。しかし今度は私ではなく長崎観光ホテルに来ていたと云う、二人の課長に是非とも来てもらいたいと言っていた。自分にもよくわからないが、誠に申し訳ないが関課長と二人で長崎市まで行ってもらえないかと言った。まだ解決はしていないのかと思いながらも、引き受けざるをえなかった。なぜ本人だけではなく私達までなのか解せなかった。関課長と連絡をとり、週末にまた長崎市に行くことにした。関課長は行くことをためらっていたが、頼み込んで行ってもらった。女性の母親が本人だけでなく、私達二人を指名した事に、多少の不安はあったものの今日で全て解決したかった。長崎観光ホテルでその母親は待っているはずであった。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず334
2015/04/30 12:21:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私にとっても北見沢部長とも顔を合わせなくていいようになった時に辞職するとはなんともまあ皮肉な事である。世の中と云うのはだいたいそんなものだと悟ってはいるものの、北見沢部長にはあまりにも苛めれたものだと今さらながら感じていた。私は十二月三十一日付けで退職願いを出す事を決めた。思えばこの花屋敷でもいろいろ酒を傾けながら考えたものである。長いようで短かかった三年間であったような気がした。花屋敷にも、もうこれなくなるのかと思うと寂しくなってきた。長崎の雨にはすっかり慣れてはいたが外は小雨が降っていた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

あの雪の日はかえらず333
2015/04/30 12:18:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は西海橋でタクシーを降りた。時間も早かった事もあり花屋敷に寄った。客もまばらで店内は静かだった。北見沢部長の事ではもうなれ切っていた。私は日本酒を傾けながらそろそろハウステンボスの辞表提出時期を考えるべきだと思っていた。しかし今日友坂課長が突然今年中に辞めると言っていた事を思い出しまあ冗談だろうと思った。人間そう簡単には生活を支えている場を辞める事は出来るはずはないのである。また長崎駅の事で辞めては欲しくなかった。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]