ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
霧の月108
2015/09/30 20:53:17 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅田聡子は私、瀬川がホテルを出て行った後、大きな紙袋を見ていた。そして再び札束の大金を数えた。一束ずつ丹念に確認した。札束は一万円札ばかりで一億三千万円はまず間違いなかった。浅田聡子は嬉しさの余り泣き出しそうになっていた。瀬川さんを山梨の甲府に誘って良かったと思っていた。西沢渓谷近くの山中で遺棄された札束を発見するとは全くの偶然ではあったが瀬川さんの協力で間違いなく札束を手に入れる事が出来たと思っていた。浅田聡子は下着姿のままベッドに横たわって暫く寝ていた。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月107
2015/09/30 17:05:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私は勝沼でレンタカーを返してからは幾分気が楽になっていた。沖縄を出た時は、ボストンバッグ一つだったのが今では札束の入った紙袋が二つと作業着と長靴やビニールシートなど思わぬ物が増えていた。私は勝沼のレンタカー会社から山梨市までタクシーに乗った。車内では意識的に話しは避けた。中央本線のやまなし駅から特急あずさで新宿に向かった。やっと落ち着いてきていた。構内で買った弁当とお茶で腹ごしらえをした。私はホテルでのあの浅田聡子の凄い体をまじかで見せつけられまだ興奮していた。今頃浅田聡子はどうしているのかと考えていた。ただ浅田聡子の一億三千万円が気になっていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月106
2015/09/29 19:05:22 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅田聡子が私に協力してくれたお礼なのと言って肌を押しつけてきたが今はレンタカーの事や犯罪に手を下したと云う気持ちが強かった。その時浅田聡子の胸をじかに見たが想像以上に大きく魅力的だった。私は名残惜しかったがホテルを出た。浅田聡子は少し休んでホテルを出たと思っていた。私はフロントで会計をすまし地下駐車場に行き、車を勝沼方向に走らせた。途中、大きな給油所が有ったので特別に車内と車、特にタイヤなど入念に洗車して貰い、一応勝沼のレンタカー会社に車を返却した。現場の土の粉には気を付けた積もりであった。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月105
2015/09/29 18:24:19 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
それでは気をつけて下さいと言った。途中で何か有ったら警察に届け出て下さい。と云い紙袋など荷物を持ってホテルの出口に行った。すると浅田聡子が少し待ってと云い、着ていた衣服を脱ぎ始めた。下着姿になり私を抱きしめた。私は慌てた。冷静になって下さいと言うのが精いっぱいだった。。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月104
2015/09/29 18:13:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
私が浅田聡子に言った。札束は約二億三千万円あります。私は一億円あれば十分です。浅田さんは一億三千万取られて下さい。私はこれから勝沼に行きレンタカーを返してきます。浅田さんは少し休まれてからホテルからタクシーで甲府駅まで行き、早い電車で東京に行き、東京国際空港から那覇空港に向かって下さい。札束の入った紙袋はガムテープで念入りに貼り付けて下さい。手荷物にするかは判断して下さい。食事は控えて機内食にして下さいと言った。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]