ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
霧の月257
2016/02/20 14:54:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
思わぬ事が起こったのはそれから暫くしてからの事であった。私は毎日、久里山節子家族との同居の件で悩んでいた。浅田聡子にその事を相談した翌週私は久しぶりに那覇の東町にある安西里江の店に行った。久しぶりだった。ママさんがビールを出しながら瀬川さんこちらへと外れのソファーに座らされた。店を見渡したが安西里江の姿は見えなかった。ママさんが側に座って言った。瀬川さん、里江がここ二週間無断欠勤して困っています。心当たりない?私はびっくりした。ママが話した。仕方がないので無断で里江の荷物を調べたの。そしたら
断片的にちぎられた紙から浅田聡子、一千五百万円
借用の字が読めたの。これがその紙切れですと見せた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

霧の月256
2016/02/20 11:57:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
浅田聡子は西沢渓谷近くでの札束遺棄事件に対し、それそう当の対応をとっていたのであろう。浅田聡子にとっては約一億円余りの遺棄された金額への賠償金が怖かったに違いない。私は浅田さん、もし同居せざる事態になりましたらその念書を差し入れる事に異存は
ありません。同居の問題で相談できありがとうと言った。浅田聡子は颯爽としてホテル日航を出て行った。一億円余りの金の風が吹いていた。 つづき


コメント(0)
トラックバック(0)