ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
都の日暮れ471
2017/07/27 19:20:11 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 471

倉田洋平はまだまだ人生は金次第でどうにでもなると云う、いわゆる洋平流の人生哲学はまだ持っていただけに緑川さわ子と榊原秋子の離反はかなり応えていた。そこで洋平はまだ自分を見捨てていない宮沢奈津子や友坂理恵、花林育子、沼田安子等に資金の援助を惜しまない気持ちになっていた。洋平は榊原秋子の同僚だった沼田安子に小料理店あかぎに移った祝い金名目で野中に百万円を届けさせた。倉田総合産業のスーパ系列は低価格経営が効を奏していた。小野寺社長と野中副社長の給与はかなり増額させた。さすがに専務からも給与について総務部長に申出があったようである。洋平は花林育子ともう一度だけ会い、いわゆる五百万円の慰労金を渡す積もりであった。そう言う時、宮沢奈津子から自分も外国に連れて行って欲しいとの要望があった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ471
2017/07/27 19:15:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 471

倉田洋平はまだまだ人生は金次第でどうにでもなると云う、いわゆる洋平流の人生哲学はまだ持っていただけに緑川さわ子と榊原秋子の離反はかなり応えていた。そこで洋平はまだ自分を見捨てていない宮沢奈津子や友坂理恵、花林育子、沼田安子等に資金の援助を惜しまない気持ちになっていた。洋平は榊原秋子の同僚だった沼田安子に小料理店あかぎに移った祝い金名目で野中に百万円を届けさせた。倉田総合産業のスーパ系列は低価格経営が効を奏していた。小野寺社長と野中副社長の給与はかなり増額させた。さすがに専務からも給与について総務部長に申出があったようである。洋平は花林育子ともう一度だけ会い、いわゆる五百万円の慰労金を渡す積もりであった。そう言う時、宮沢奈津子から自分も外国に連れて行って欲しいとの要望があった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)