ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ジョーク
2017/10/07 15:30:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
三郎が友人に悩みを打ち明けた。あいする女性と金持ちの未亡人と、どっちと結婚したらいいだろうか。すると、権助が、決まっているよ、愛してる女性と結婚するべきだ。人生には、愛が一番だ。愛だけが幸せをもたらすのだよ三郎と言った。三郎が、そうだね。ありがとうよ。よく分かった。と言った。すると権助がいいよ。あー、三郎、それから、未亡人の電話番号を教えてくれる?と言った。


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ546
2017/10/07 13:37:50 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 546
倉田洋平はあの時の友坂理恵との時間を思い出していた。真っ暗な中で長い間洋平は友坂理恵のはち切れんばかりの胸に吸いついていた。洋平は独身でいるにしても女体は一番に必要だと思っていた。洋平はいまだに人生は金によってどうにもなるとの哲学を堅持していた。確かに、宮沢智恵子とは旨くいかなかったが、出来るだけの事はやった。それも金の力なんだと思っていた。ただ、母親を亡くし、好きだった宮沢智恵子には婚約破棄され、世間の目は冷たかった。所謂、恥をさらしたのであった。暫くして宮沢奈津子から久しぶりに会いたいとの連絡があった。倉田洋平にとっては所謂倉田総合産業での生活は都の日暮れに近ずいていたのも確かであった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ545
2017/10/07 12:35:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 545
倉田洋平は兄の洋八の倉田総合産業での専務の仕事が安定し、母親の遺産相続がある程度落ち着いた時期をみて、洋平は倉田総合産業を退職する事を決意していた。そして何もかも新しい人生を歩もうと思っていた。そして、独身を貫こうとも決意していた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ544
2017/10/07 11:31:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 544
倉田洋平はなおも続けた。母さんが亡くなり、宮沢智恵子が結納破棄の贖罪の為に自殺未遂に終わったとすると、私自身が自殺する意味が全く無くなった。母親に対しても全く申し訳が立たなくなる。また、洋八ただひとり残しては余りにも可哀想だと思い今は死から生への思いが強くなっていると言った。洋八は洋平がそこまで考えていたとは知らなかったと言った。。洋平、頼むから俺ひとりにしないでくれと言った。その日はそこまでの話しで帰った。翌日、野中が来た。洋平は兄の洋八との話しで母親の遺産相続は半分にしたと云う事だった。母親の遺産は、現金に株券、実家の土地と家屋になる。洋平は遺産相続は洋八に全て任す事にした。野中が、これから洋平の遺産相続を見越して女性がかなり積極的に接近してくるので注意するようにと云うことだった。しかし洋平は先日の友坂理恵のはち切れんばかりの胸にすっかり取り込まれてしまっていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)