ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
都の日暮れ550
2017/10/08 16:39:46 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 550
倉田洋平にとってはそろそろ宮沢智恵子や奈津子との繋がりを経つことによって新しい生き方が出来ると思ってはみたが、目の前の豊満な奈津子の女体をみるとそう簡単には離れられそうにもなかった。その日は何事も無く帰っていた。しかし、その数日後、宮沢奈津子は北海道の釧路警察署に任意に出頭するように連絡を受けていたようだった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ549
2017/10/08 14:23:22 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 549
奈津子がここで聞いた。倉田洋平さんは此れから外国に行かれるのですか?寂しくなりますねと言い珈琲をのんだ。洋平はまだ決めていません。ただ、私は独身でずっと人生を生きていく積もりですと言った。智恵子さんの美容整形の費用、足りない分は応援しますと言った。少なくとも智恵子の釧路の尻羽岬の事が洋平を死から生に引き戻してくれた事は間違いなかったからである。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ548
2017/10/08 14:10:26 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 548
倉田洋平が奈津子に言った。そうですか。早く良くなって欲しいですね。ところでと洋平は少し躊躇ったが、智恵子さんは私を釧路の尻羽岬に誘いだそうとしていたのだろうと思っています。札幌市時計台の前で予定通り会っていたら…と思っています。また、花林育子さんはさぜ小樽に行く必要があったのですかね。専務だった倉田英二が智恵子さんの動静を知る為に北海道に行かせたのですかねと言った。沼田安子さんの話しでは、倉田英二と花林育子さんは北大病院に智恵子さんを見舞っています。この辺りは良く分かりませんねと言った。その間奈津子は黙って聞いていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

都の日暮れ547
2017/10/08 13:33:08 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 547
倉田洋平は久しぶりに宮沢奈津子と新都心の中華楼で会った。奈津子は洋平の母親の事で早く元気になって欲しいと何度も言った。奈津子は洋平さんもお母様の遺産相続の件で大変ですねと遺産相続に早くも関心を示した。洋平は遺産は殆んど兄の洋八が相続しますと言っておいた。
洋平は姉さんの様子はどうですか?と聞いた。北大病院を退院して釧路から札幌の郊外に移り住んでいます。顔の美容整形を受けたいと言っています。五百万円ほど必要と言っています。暫くは出来ないでしょうと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)