ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に20
2018/06/13 16:32:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
夢の彼方に 20

電話は久しぶりなあの赤川ー子の声だった。湯沢陽一さん、赤川ー子です。御元気ですか?本当に久しぶりねと言った。久しぶり、元気でしたかと陽一も言った。私ね、今は國際湘南航空会社に勤めています。総務課にいます。会社は那覇の新都心にあるの。と言った。陽一は、そうですか?再婚は?と聞いた。まだその気にならないのと言い、北部の女子中学生行方不明事件で名護港警察署は地方公務員から事情を聞いているとの報道に心配したわ。湯沢陽一さんの事だからと思いはしたがと言った。陽一は、たまたま事件の前日、事件現場近くで土壌調査をしていたものだから、あの辺の人はみな何らか聞かれてねと言った。とにかく、那覇に帰って来た時は私に連絡してと赤川ー子は言い切れた。綺麗な、綺麗な横顔が目に浮かんでは消えていた。翌日、陽一は次長の長作健三に呼ばれた。湯沢陽一、事情聴取までされ大変だったな。那覇の部長からも心配の連絡があった。来年の春の人事で那覇に戻したいとも言っていたよ。まあ、いろいろあるさ、余り気にするなと言われた。次長、御心
配をおかけしましたと言った。 つづく


コメント(0)
トラックバック(0)