ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
あかね空に吹く風148
2013/02/28 16:34:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
新幹線ひかりは
 
岐阜羽島駅に
 
停まった。
 
新幹線は岐阜駅
 
には停まらず
 
名古屋に行く。
 
先日来た岐阜に
 
今回行けるか
 
どうかはまだ
 
わからなかった。
 
新幹線名古屋駅に
 
着いた。
 
人の乗り降りが
 
激しくなっていた
 
。さすが
 
尾張名古屋だった
 
。私は館林取締役
 
を名古屋でも
 
超一流の会席料理
 
の店に招待する
 
積もりでいた。
 
駅前で郵便局を
 
探した。
 
昨日村野証券に
 
振り込みを
 
依頼した
 
一千万円は既に
 
入金されていた。
 
まだ館林取締役
 
との約束の時間
 
までには
 
間があった。
 
私は村野証券の
 
課長が誠実に
 
対応してくれた
 
のに嬉しくなって
 
いた。
 
名古屋駅構内に
 
ある観光案内所に
 
行き昼、
 
会席料理が
 
一人でも食べれる
 
店を紹介して
 
もらった。
 
名古屋駅から少し
 
離れているが、
 
長年経済界の
 
社交場として
 
使われていた
 
八十年以上の
 
屋敷を
 
日本料理店として
 
よみがえらせた
 
神楽家に行かれ
 
たらと云う事
 
だった。
 
オープン間もない
 
時間ながら
 
ほぼ満席であった
 
。昼のミニ会席
 
料理があると云う
 
のでそれにした。
 
なかなか店内は
 
趣があった。
 
赤のお盆が目を
 
ひいた。
 
自家ブランドの
 
伊勢地鶏や
 
上質な飛騨牛など
 
ランチメニューと
 
しては最高だった
 
。私は店を出て
 
名古屋城に行って
 
みた。
 
素晴らしい城
 
だった。
 
中には入らず
 
外観を見て回って
 
いたが少しも
 
飽きなかった。
 
私は名古屋城に
 
圧倒されながらも
 
なぜか城から
 
元気を貰った気に
 
なった。
 
元気が出てきた。
 
名古屋も
 
なかなかいい街
 
だと思った。
 
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。