ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
遥かなる海峡239
2014/06/29 20:16:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
田川奈穂子は

病院側からの

かなりの脅迫に

合ったものと

思われる。

病院側は患者側

と早期の和解を

勧めた。

多額の

損害賠償額を

求められたで

あろう。

訴訟の話しも

当然出ただろう

。田川奈穂子は

平安座島に帰り

父親の松太郎、

妹の菜々子、

それに田川吾一

に全てを話し

相談した。

特に父親の

松太郎は

奈穂子の希望に

添いたいと

決めた。そして

和解を勧めた。

損害賠償額に

応じてこれまで

どうりの病院勤務

を希望した。

奈穂子も父親に

助けを求めた

のであろう。

菜々子も吾一も

父親の松太郎に

協力を求めた。

父親の松太郎は

直ぐに

宮城県の

女川漁協に行き

新洋亀徳に

相談した。

遠洋マグロ漁船

乗組員の為の

積立金と退職金

の一部合わせて

三千万円を

急遽用意したの

だろう。

それで和解が

為されたのでは

ないだろうかと

思っていたが

実際のところは

分からない。

とここまで

考えていた。

つづく


コメント(0)
トラックバック(0)