ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
都の日暮れ519
2017/09/12 16:57:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 519
倉田洋平はすぐに宮沢奈津子に智恵子の退院の事を伝えた。奈津子はそれよりも洋平を誘いたがっていた。洋平はおそらくお金の事だろうと思っていた。それから、奈津子に花林育子が智恵子の見舞いに見えた事を伝えた。また兄の洋八が間も無く帰国する事を伝えておいた。野中は洋平が常務をやめ外国に行くとこの倉田総合産業は瞬くまに専務の倉田英二の意のままになるだろう。兄の洋八には経営能力はなく英二が目論む経営統合、合併等で英二は大金を手にするだろうと野中なりに危惧していた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)