ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
都の日暮れ611
2018/01/28 10:53:14 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
都の日暮れ 611
翌日、洋平はやっと洋八と話しが出来た。洋平、ありがとう。なぜここにいるのかわからないと洋八は言った。病院に来ていた野中が洋八さんが取り引き先で商談中に苦しみ出しこの病院に緊急搬送されました。大動脈剥離だったようです。時間を争う病状だったようですが大学病院の医師も合同で手術が行われました。数日の間、意識が戻らずにいましたが洋八さんの生命力で回復しましたと話した。そうだったのか。心配かけてすまなかったと涙ぐんでいた。洋平が野中を始め宮沢奈津子さんや赤木佳子さんら沢山の女性が見舞いにきてくれていた。今は友坂理恵さんが付き添いをしている。来月には退院できそうだ。良かったと話し洋平は泣いた。野中が洋平の希望で洋八さんは倉田総合産業に辞職願をだしました。そして洋平さんは県外には行かず、倉田に勤務していますと言った。洋八はそうか、洋平頑張ってくれと言った。洋平が宮沢智恵子さんが洋八の見舞いにやって来ると言っている。それから退院したら実家の事をこの野中に頼んでみよう。新しいマンション暮らしがこれからは
いいかも知れない。退院後は赤木佳子さんの妹が介護と家事を見て貰えそうだとここまで話した。洋八は洋平に心配かけた方達に御礼をしてくれ、また、取り引き先の方にもと言った。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。