ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に 6
2018/05/13 09:56:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
五反田奈理子の友人の五木由美子が担任を交え捜査員から事件当日の詳しいことをきかれていた。五木由美子の話しでは普通は通学の時、会うと学校までは一緒だがその日は五木由美子は提出物があり、奈理子と挨拶を交わしただけだったといい、これまでに知らない男から声をかけられたということを聞いた事もないと言った。そして、通りすがりに聞いたのが、父親、北部病院、家に帰って来てということぐらいで、奈理子はたしかに自転車の後ろに乗ったはずだと言った。ところで一方では五反田家について奈理子の父親からいろいろ捜査員は聞いていた。奈理子は長女であと妹が二人いた。母親の伊久子は名護市の出身で、父親の肇の話しでは見合い結婚だと言った。また父親の方には姉と弟がいた。弟は漁師であった。奈理子の祖父は元気だが祖母は亡くなっていた。五反田家は代々漁師で辺土名、宜名真、伊江島、伊是名、伊平屋辺りの近海漁業に携わっていたらしく、家計はかなり裕福だった。捜査員が五人、五反田家に張りついていた。つづく


コメント(0)
トラックバック(0)