ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に 15
2018/06/09 12:06:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
夢の彼方に 15
湯沢陽一の妹は湯沢陽一とは五歳違いで優しい性格だった。のり子と云う。電話口で、最近母さんの体調が思わしくないと言った。母親は三年前の夏、心臓弁膜症の手術を受けていた。何十年も那覇の公設市場で野菜を売っていたが、最近は滅法体が弱く成っていた。妹の、のり子が、そういうわけで一度那覇に帰って来てとの連絡だった。その妹が勤めている那覇の沖縄大洋総合病院に北部での女子中学生行方不明事件が発生した日の翌々日の夜間診療に五十代の男性が急性の食中毒で診察を受けていた。生牡蠣に当たったようである。ただ服装が作業着で無保険ではあったが診察費は支払っていた。その事は外科病棟担当の湯沢のり子は知らなかった。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)