ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に 22
2018/06/17 17:13:33 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
夢の彼方に 22

名護市内の繁華街にスナック八重桜の里はあった。久しぶりだった。週末だったが店はすいていた。ママさんがびっくりしていた。そして、湯沢陽一にいろいろ調べられたそうね。私ね、名護港警察署に行ってきたの。店の客が忘れたらしい作業服を持ってねと言った。湯沢陽一は、ママさん御心配をかけました。事件前日に事件現場近くで土壌調査をしていたからなんですと言った。小川伸介は側で聞いていた。大きな胸を見せながら、ママさんが、湯沢陽一さん、あの時の厭な思いを私のこの体で慰めてあげるね。来週辺りにホテルで過ごしましょうと言った。暫くして遅くなりましたと長身のこれまた美人の女性が入ってきた。ママさんが最近入った相川桃子ですと言った。小川伸介は、どうぞと言い、ビールを飲み交わしていた。どうも小川伸介の好みのタイプのようだった。相川桃子は長い間静岡にいたと言った。三十を少し過ぎていたが小川の肩に手を置いて体を触れさせていた。間違いなく、男が欲しそうな妖しい目になっていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)