ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に 36
2018/08/05 13:47:55 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
帰りの車内で湯沢陽一は、小川伸介の会社に小川が犯人だろうと脅迫めいた電話があると言ったがそれは、五反田奈理子の実家に行く口実で実際はそう言う事は無かったと思っていた。なぜそう言う事を言ったかは後で明らかになる。また、奈理子の叔父さんの左手のキズ跡も事件には無関係だとわかっていた。ただ小川伸介は五反田奈理子と以前どこかで会ったことが有りそうだった。それでかなり心配していたのであろう。年が明けてからも寒さが続いていた。一月の下旬に赤川ー子が名護桜祭りに一人でやって来た。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)