ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に 39
2018/08/12 10:35:27 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
夢の彼方に 39

小川伸介が次ぎのように話した。あれは昨年の五月の末あたりだったと思うが、その時、那覇からの帰りに名護の道の駅で休んでいたんだ。名護そばを食べていた時に女子中学生が四五人入って来た。満席に近かった。叔父さん、相席してもいいと私に言った。どうぞと言った。女子中学生はこれからどうも国頭村に帰る途中のようだった。学校の事、先生、友達の事を沖縄そばを食べながら盛んに話していた。その日は午後から雷を伴う大雨になっていた。中学生達は名護からバスに乗り込むようようだった。中学生の一人が叔父さん、これから何処にと聞いた。あれ、英単語の本をもっているが先生なの?と無邪気に聞いていた。いや、会社員だよ。名護に帰るところだと言った。また、別の子が、こんな天気では家に帰れそうにない。叔父さん、辺土名まで、叔父さんの車に乗せてくれない。お金はちゃんと払いますからと言った。私は直ぐには答えなかった。君達、ぜんざいを食べないか?叔父さんも食べたくてねーといい、皆でぜんざいを食べていたが雨はますますひどくなっていた。つ
づく


コメント(0)
トラックバック(0)