ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
夢の彼方に104
2019/12/31 16:56:51 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
湯沢陽一は週明けから北部に出張させられていた。今度は東海岸の方だった。地質調査はかなりこなしていたので短期間に広範囲に渡り進めていた。最終日の夜、久しぶりに名護の八重桜の里に行った。驚いたことにそこに相川桃子が再び働いていた。ママさんが湯沢さんどうしているのかねーと話していたところでしたよ。本当に久しぶりと言った。またママさんが相川桃子さん、小川伸介さんを探し廻ったそうだが見つからずまた戻って来てくれたわと言った。相川桃子はいきなり湯沢に抱きついてきた。久しぶり、元気でした?と嬉しそうに行った。結局、小川伸介さん何処にもいなかったんです。大部探したのですがと言った。湯沢は小川伸介については余り聞かなかった。何処までが本当か分からなかったからである。湯沢は相川桃子から今夜は私のアパートに泊まってとしつっこく誘われたが断った。相川桃子は、帰り際、少し歩きましょうと云うと海岸の方に湯沢を連れて行った。そしてかなり濃厚に抱きついていた。
つづく


コメント(0)
トラックバック(0)

▼このメッセージへのトラックバック一覧

トラックバックはありません。

▼画像認証
下記に表示されている数字を半角で入力して「トラックバックURLを表示」を押して下さい。