ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
バイクと云えば・・・
2012/01/11 11:15:41 ブログカテゴリ 車・バイク | 書庫 よもやま話

主(あるじ)的には、やっぱHONDAっしょ!

しかも、ヨーロピアンタイプでなく、アメリカンタイプね
ここでバイク通の方々ならば“KAWASAKI”だの“SUZUKI”とかの名前が出てくるのだろうが、たまたま載りたいと思ったバイクが全て“HONDA”だっただけで、特にその辺のこだわりは一切ない

 
そもそも主(あるじ)がバイクに目覚めたのは『イージー☆ライダー』を観たのがきっかけ!
あのアメリカンタイプのバイクに一目ぼれ・・・それからは、もぉ〜乗りたくて乗りたくて。。。
 
てな事もあり、16歳の誕生日が来ると同時に、すぐに原付の試験を受けに行ったのだ
少しでもアメリカンタイプに近いバイクを・・・と、色々調べ、近所のバイク屋にも足げく通い、夏休みや学校帰りにせっせとバイトして買った
輝かしき第1号がコチラ↓

 
 
HONDA『パルホリデー』

名付けて・・・
“パルちゃん(女の子←この頃はうら若き乙女のお友達感覚だったので)”
高校の通学はもちろん(ホントはダメあるよ〜)、普段どこへ行くにもいつも一緒だった愛用車
気分はまさに『イージー・ライダー』のデニスホッパーだったよっっ
・・・でもって、乗りながら唄う歌はもちろん奥田民生の『イージュー☆ライダー
これで決まりだね♪(どこがやねんっっ
 
その後、18歳になって普通免許証を取得すると、しばらくは四輪の暮らしが続いたが・・・
 
 
それでもバイクに対する熱き想いは留まらず、ついに決心して小型(125cc)を取りに行く。
ちなみに・・・
この時点で普通免許を持ってるので、試験は免除で教習所での実技と講習のみ!
すんなりと取得できて、その時にお友達から譲り受けたバイクがコチラ↓

 
HONDA『Dax70』
名前は“ダッちゃん(男の子←すでにお年頃だったので・・・まるでアホや〜ん)”
 
友達のお古だったけど、このダッちゃんも結構好きだったなぁ〜〜〜
それでもまだ飽き足らず、1年経たない内に再び中型(400cc)を取りに行く主(あるじ)
この時の教習時に乗ったバイクがCB400だったけど、初めて乗った時の重みのあるエンジン音は未だに覚えてる
もぉ、ホント毎日教習所へ行くのが楽しかったもん

晴れて念願の中型を取得し、長年夢を持ち憧れ続けて来たアメリカンタイプのバイク
それがコチラ↓


 
HONDA『Steed400』

馴染みの店に行って(なんせ付き合いは高校の時からだからね☆)2度ばかり試乗させてもらい(もちろん中古のだけど)、気持ちも決まり手付け金も支払って、あとは新車が入って来るのを待つばかり・・・ドキドキ・・・
 
 
・・・と夢心地でいたところ、直前でこれまで子供のやる事に一切口出しをして来なかった母親に「頼むから大きいバイクだけはヤメテちょーだい!!」と泣いて頼まれ、結局押し切られる形で断念。。。
 
母親も泣いていたが、主(あるじ)も泣く泣く憧れの『Steed400(←名前付けたかったぁ〜)』をキャンセル・・・半分ヤケになりながら最終的に選んだバイクがコチラ・・・



HONDA『リード100』

“リード君(やっぱ男の子←ここでもひねりナシの名前)“
 
でも結局、リード君との付き合いが一番長かったな。。。
 
石垣に移り住んでからと云うものは、バイクに一切乗らなくなってしまったけれど、今でも時々ムショーにバイクに乗りたくなる

『Steed400』への想いも、まだまだ捨ててないよっっ!
・・・つうか、死ぬまでに一回は絶対乗ってやる〜〜〜


でもって、おまけ・・・
主(あるじ)が、も一つ憧れてるバイクがコレ↓



『VESPA125』

主(あるじ)的には、『探偵物語』の松田優作、またはグレコリー・ペックとオードーリー・ヘップバーンが二人乗りしていた『ローマの休日』を思い出すんだけど・・・

これも一度で良いから乗ってみたいなぁ〜



コメント(4)