ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
"AKIRA"大友克洋
2012/01/20 10:13:47 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 ポップス ロック ソウル ポップカルチャー
 
 私の人生に多大なる影響を

 与えてくれた、

 偉大なる漫画家その2

 大友 克洋 先生 です。

 友達に、すんげー漫画家がいるぞ!と・・

 ’78”ハイウェイスター” ’81”さよならにっぽん”

と来て、’82”気分はもう戦争”で完全に ハマ りました。 その後、’83”童夢” 

’83”AKIRA”で完全に ヤラ れました。 アップした絵は’88に、ニューヨークへ行ったときに

マンハッタンのカトゥーンショップ(アメコミの本屋)で購入したものです、オールカラーで何より驚いた!のが

見開きが日本と逆で絵もすべて反転している点です。

漫画家のいしかわじゅん氏が言っていたんですが「それはよっぽどデッサン力がないとおかしくなる」

そうです。 金田くんがふきだしの中で英語でしゃべってます。(下を見てね) 
 

コメント(0)
トラックバック(0)

江口寿史
2012/01/19 10:00:09 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 
 今日と明日は僕の愛する漫画家を

 紹介しようと思います。

 まず、アップしたのは

”世界で一番かわいい女の子をかける漫画家”で

 有名な 江口 寿史 先生 です。

 少年ジャンプ出身とはおそらく思えない

遅筆ぶりでも有名な彼ですが、少年ジャンプに連載していた”すすめパイレーツ”は少なからず

僕の人生に影響を与えてくれた作品です。でもこの作品は同時代性がハンパないんで。

(だからこそ1980年前後の尖がったポップカルチャーに興味がある人は是非)

なんだけれども、その後の作品集 ”江口寿史のなんとかなるでショ!””江口寿史の爆発ディナーショー

なんかが超おすすめです!!



コメント(0)
トラックバック(0)

「犬」の小沢くん
2012/01/18 09:46:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 月曜日から続いた パーフリ 3部作の

 完結編・オザケンこと 小沢健二 くんです。

 これは、彼がパーフリ解散後の1993年

 に発表した、初のソロアルバム
 
 ”犬は吠えるがキャラバンは進む”です。

 平成の大名盤です。

 ”天使たちのシーン”を聴いて感動で涙しない人が

 いるのだろうか!? 今では”Dogs”というタイトルで発売されてるそうです。

 

コメント(3)
トラックバック(0)

小山田くん
2012/01/17 09:30:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
 昨日の パーフリこと フリッパーズギター

 に続き、

 小山田圭吾こと コーネリアス です。

 これは、小山田くんがパーフリ解散後、

 初の、ソロアルバム

 ファースト クエスチョン アワード です。

 名盤です。これを聴けばまざまざと、

パーフリとは小山田くんだったんだなーと思ったもんです。

この、名曲だらけのアルバムのなかでも、僕のイチオシ大名曲は、

バック ドア ツゥ ヘブン” です!! 血の気が引くくらいよい曲です。

明日は 小沢くんで逢いましょう。

コメント(0)
トラックバック(0)

フリッパーズギター(パーフリ)
2012/01/16 10:01:01 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

  このブログを始めてから、

 いつ彼らを紹介しようと思っていたんだけど、

 ついに、その日がやってきました!

 なんでそんなに前置きが長いのかというと、

 それは、
 
 彼らこそ僕が日本で一番愛しているミュージシャンだから!

 このアップした画像でわかる人も多いと思うけど

 フリッパーズギター です。 コーネリアスこと小山田圭吾と小沢健二のバンド(初期の頃はあと何人かいた)

 もう解散して20年!(もうそんなに!)もたつけれど、

 あれだけ こじゃれた 曲を作っていていまだに色あせていないのはほんとすごい。

 彼らのことを初見のひとでも”恋とマシンガン”は知ってると思うよ。

 (もちろん他名曲多数)必聴! これを聴かずに死ねるか!!



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]