ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
私の旅行に欠かせないグッズ
2014/12/15 18:57:09 ブログカテゴリ レジャー | 書庫 旅行
人それぞれ、旅行には欠かせないグッズがあるだろう。
中には枕を携行する方も居るようだが、旅行にもその人なりの性格が出る証拠と言えるかもしれない。
大人数の旅行ともなると、バラエティに富んだグッズが取りそろうものだ。

私はというと、必ず書かさず持ち歩いているのがカメラとメモ帳である。

カメラは定番中の定番だが、メモ帳は旅の記録を取るためのもので、やや大きめのノートのようなものだ。
スマートフォンでメモを取れば済むものの、手書きに慣れているためメモ帳をずっと愛用している。

カメラはフィルム一眼レフが故障したため、数年前デジタルのものに変更した。
本当はフィルム独特の味が好きだが、年々フィルム自体減少傾向にあり、現像できる場所も限られてきている。
このため現在はデジタル一眼レフを愛用中だ。
旅先の風景や人物を写真におさめ、メモとして日時や行った場所、食べたグルメなどを手書きする。
ありきたりだが、私にとっては欠かせない記録となっている。
長年続けていると、つい癖になってしまうものだ。
トラックバック(0)

東北旅行へ向けて
2014/11/13 19:26:37 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 旅行
東北に旅行することを決めてから、少しずつではあるものの準備をしている。
カミさんとドキドキ相談しながら計画を進めているが、最近決まったことは時期だ。
東北の温泉へ行くのだから、時期はもっとも大切である。
温泉といえば年中いつでも楽しめるものだが、やはり冬が一番だろう。
年末年始の休暇を利用して温泉へ行くことに決めた。
仕事の都合もあって、まだ詳しい休暇の日程などはわからない。

温泉は、冬に行くからこそ楽しめると思っている。
秋の温泉は、露天風呂に浸かりながら赤く染まった紅葉を楽しめる。
そして冬は真っ白な白銀の世界、いわゆる雪見をしながら露天風呂を楽しめるだろう。
私たちは暑さが少々苦手なものの、寒いのに関しては案外平気だ。

毎年冬になるとスキーを楽しむことも多い。
逆に夏は少々出不精になり、出かけるのも億劫になってしまうのだが。
冬の東北は寒さも厳しい。
その代わり魅力的な光景やグルメが待っている。
温泉とグルメ、そして雪景色のセットはもはや東北の定番と言えるのではないだろうか。
トラックバック(0)

東北への旅行を計画中
2014/10/20 19:00:57 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 旅行
北陸か東北、どちらに旅行へ行こうか迷っていたが、結局東北に絞って考えることにした。
実は最初は北陸を検討していたんだが、カミさんに尋ねたところ東北がリクエストとして上がったため、現在は東北に焦点を当てている。
私としては北陸も捨てがたく、何度か提案してみたが、これについては却下されてしまった。
ただ東北にも温泉や地域の食材など、様々な魅力があふれている。
また、東北は日本でも有数の温泉地帯だ。
この地域だけでも全国的に有名な温泉地がいくつもある。
例えば秋田の乳頭温泉、宮城の鳴子温泉、山形の蔵王温泉などはガイドブックでも定番となっている。
その他秘境の温泉地も含めると、挙げてもキリがないほどだろう。
東北へ旅行へ行くからには、これらの温泉地を外す事はできない。
温泉がメインの旅行になると言っても良い。
カミさんともこの点で話し合ったが、温泉については意見が一致した。
しかし本当に多いのだ。
じっくり一つの温泉地を楽しむか、いくつか巡るかも考えなくてはいけない。
まだ先の予定ではあるが、まずは候補地を絞り込む事から始めよう。
トラックバック(0)

そろそろ旅行へ行きたいが…
2014/09/24 20:51:02 ブログカテゴリ 旅行記 | 書庫 旅行
沖縄もすばらしいと感じたが、ほかの地域へも旅行へ行きたくなってきた。
もちろん海外もそれなりに魅力的ではあるのだが世界は広い。
広すぎるめ、逆に候補を絞ることが出来なくなりそうなのだ。
特に今はアジアやヨーロッパ旅行が良いと考えているが、この地域だけでも美しい国は数え切れないほどある。
だからこそ、国内に絞って旅行の行き先を考えている段階だ。
ただし、日本といえどもとてつもなく広い。
北は北海道、南は沖縄まで、各都道府県それぞれに観光スポットや地域の魅力というものがあるのだ。
私も何度か国内旅行は経験しているが、まだまだ空白の地域というのも多い。
特に東北と北陸に関しては、恥ずかしながらまだ旅行経験が無いのだ。
数回行ったことがあるが、九州も中々すばらしい。
食・文化・温泉と全てが揃っている。
また機会があれば一度九州巡りをしたいと考えているが、今回は見送る予定だ。
東北か北陸、このどちらかに絞って旅行へ行こうか考えるようにしよう。
トラックバック(0)

イングランドに行くのか?
2014/07/30 19:24:39 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 旅行
カミさんに思い切って、プレミアリーグを観戦することも含めたイングランド旅行を提案してみた。
もちろん、それだけではなくイギリスなどにも足を伸ばしても構わないのだが、とにかくサッカーを見させてほしいと言ってみた。
カミさんは沖縄行きを希望して大反対するかと思ったのだが、意外と心変わりしていたようですんなりとOKしてくれた。
これほど軽く承諾してもらえるとは思っていなかったので拍子抜けしたが、とりあえずプレミアリーグを見るための海外旅行も候補のひとつに加えることとなった。
候補のひとつというのは、以前からあれだけ調べていたので沖縄もまだ候補からは消さないで、それぞれを調べていこうということになったのだ。
そのため、まだ確実にイングランド行きが決まったわけではないものの、半分の確率で行ける可能性が出てきたわけだ。
可能性の段階であっても自分にしてみればこれ程嬉しいことはない。
いつか生で見てみたいと思っていたプレミアリーグをそう遠くない時期に見ることができるかもしれないのだ。
あの熱狂に包まれたスタジアムに自分が入れるかもしれないのだ。
そう考えると、面倒な旅行情報のリサーチも面倒ではなくなってきた。
トラックバック(0)


[ 次の 4 件を表示 ]