ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
水没車
2017/05/28 01:22:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

今ではそんなことはありません。

 

ディーラーで査定0円と言われた車、事故車、不動車、故障車、水没車でも、よほどのレアケースを除いて、どんな車も「買取」の対象となるんです!

 

古いから、動かないから、だから「処分料が必要」というのは昔の話です。

 

今はそういう車でもお金を受け取れる(買い取りしてもらえる)時代になったのです。

 

それは自動車リサイクル制度が導入されたからです。



コメント(0)
トラックバック(0)

事故
2017/05/18 22:21:02 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

事故で走行不能になった車

 

いわゆる事故車です。

 

車の衝突事故は、沖縄県石垣市近辺はもちろん、日本全国いつ起こっても不思議ではないですからね。

 

一番多いのは、事故現場からとりあえずディーラーなり修理工場にレッカー移動してもらい、そこに保管されているケースです。

 

こうしたケースでは、修理するといくら掛かるか、もし車両保険に加入していたらいくら保険金が下りるか・・・などを修理担当の人や保険会社の人と相談するはずです。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

支払い
2017/05/13 23:51:36 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
今は、原則として、すべての車に自動車リサイクル料がすでに支払われていて、車を受け取った廃車専門業者はこのリサイクル料金を受け取るので、赤字になる心配がありません。

 

だからこそ、「レッカー引き取り無料」とか「抹消手続き無料代行」といったことが可能なのです。

 

べつにボランティアでやっているのではないんです。<a href="http://www.haisha-suibotu-kansui-fudou-tyuuko-kaitori.net/category1/">廃車買取【水没車・冠水車・不動車・事故車・中古車などの買取査定】</a>



コメント(0)
トラックバック(0)

直販
2017/05/05 22:53:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

・一位のカーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った事故車を修理し、完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・となると、まだ修理すれば乗れる事故車はカーネクストの方が高い査定が付き、修理不能な事故車は廃車ドットコムの方が有利・・・かというと、そこは単純に決めつけることができません。



コメント(0)
トラックバック(0)