ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
インド バラナシ2
2007/10/27 12:34:32 ブログカテゴリ 旅行記 | 書庫 バラナシ
uppic







バラナシの町は、路地がとても多い。
まるで迷路みたいだ。

迷ったらガンジス河の方角へ歩けば、
ガート(沐浴場)に出られる。
でも方向音痴なので、迷ってしまう。


バラナシの路地には、牛がいる。
ノラ牛なのか?誰かの所有なのか? 知らないけど。


下を見て歩かないと牛のウンコを踏んでしまうし、
牛の行列がすれ違うので、歩きづらい。


有名な話だけど、牛はヒンズー教の神様
シバァの乗り物なので、表向きには大切に
扱われている。
(子供が牛を叩いてるのをよく見るけど・・)


牛は、害はないのでまだいいけど、
インドのノラ犬は要注意。


インドのノラ犬に咬まれると狂犬病
が怖いからだ。
注射を複数打たないといけなくなる。


僕の知人で、海外で犬に咬まれた人が何人かいる。
人によっては、狂犬病を発症させないための注射で、
熱を出したり、身体がだるくなる話をよく聞く。


狂犬病の注射を打てば、ほぼ大丈夫ですが
少し怖い。


コルカタ、サダルストリート インド
コルカタ、サダルストリート〜インド2
コルカタ(カルカッタ)
コルカタ(カルカッタ)2
コルカタ(カルカッタ)3
バラナシ
バラナシ2
メインバザール インド デリー
インド デリー
インドの首都デリー メインバザール

uppic

インド バラナシ1
2007/10/26 10:18:04 ブログカテゴリ 海外旅行 | 書庫 バラナシ
uppic






ヒンズー教の聖地・バラナシ

バラナシは、インドで最も有名な町の一つで、
ガンジス河とガート(沐浴場)など、よくテレビや
書籍などで見ることができます。


ヒンズー教の聖地なので、インド全土から巡礼など
で、人が訪れます。また世界中から観光客が来るので
年中、人が沢山います。


観光地でもあるので、物売りは多いし、
犯罪も多発しています。
男でも夜は出歩きたくない町ですが、
昼間であれば、治安は全然問題ないです。


雑誌などでプロのカメラマンが写した写真で
見ると神秘的に見えたりしますが、
牛の糞が沢山落ちてて、特に夏場は臭いです。

バラナシは、いろんな魅力があって、
簡単には説明できませんが旅行者には、
すごく人気のある町です。


コルカタ、サダルストリート インド
コルカタ、サダルストリート〜インド2
コルカタ(カルカッタ)
コルカタ(カルカッタ)2
コルカタ(カルカッタ)3
バラナシ
バラナシ2
メインバザール インド デリー
インド デリー
インドの首都デリー メインバザール

uppic

コルカタ(カルカッタ)3 インド
2007/10/26 09:56:12 ブログカテゴリ 海外 | 書庫 コルカタ
uppic








インド・コルカタのバスは、
様々な大きさで、見た目はボロボロで、
あれでよく走れるものだと関心します。


理由はわかりませんが、窓には、
鉄格子が取り付けてあるバスをよく見かけます。


インドの列車の窓にも鉄格子があるので、
盗難防止なのでしょうか・・?


バスやトラック、自動車は、「TATA」という
メーカーが多いです。

詳しくはわかりませんが、「TATA」というのは、
巨大財閥企業だそうです。
昔からインドでは、超メジャー企業です。



ちょっと前までは、製品の輸入をほとんどしないで、
自国生産ですべて(?)をまかなったインドですから、
基本的には何でも自分達で作ります。


ただ人のマネするのが凄く下手なので、
海外へ輸出するのではなく、
国内需要で消費してるのでしょう。


あれだけの人口(11億?)がいるのですから、
自国だけでも超・巨大な経済圏です。

ただ日々の生活が苦しい庶民が多いのですが。



コルカタ、サダルストリート インド
コルカタ、サダルストリート〜インド2
コルカタ(カルカッタ)
コルカタ(カルカッタ)2
コルカタ(カルカッタ)3
バラナシ
バラナシ2
メインバザール インド デリー
インド デリー
インドの首都デリー メインバザール

インド・ブログへ
インド

uppic uppic

コルカタ(カルカッタ)2 インド
2007/10/24 20:50:34 ブログカテゴリ 旅行記 | 書庫 コルカタ
uppic







僕は、インドに行くと必ず痩せます。
ダイエットにはもってこいの国です。


しかしコルカタは、他のインド国内に比べ
食事が美味しい気がします。
もちろん、日本の感覚だと絶対食えませんが。


若い時は、メシなら何でもよかったのですが、
年齢と共に舌が贅沢になってしまいました。


インドという国は、好きなのですが、
食事の面では正直、ツラいです。


そんななか美味しい屋台を発見すると
本気で嬉しくなってしまいます。


でも、行くとしたら涼しい時期に行きたいです。
暑い時期のインドは、まさに地獄だからです。


扇風機から来る風が熱い・・想像できますか?

吐く息の方が、温度が低い世界。
逃げ場のない熱さ(暑さ)
これでは食欲もなくなります。


暑いと匂いも凄いです。
昼間のノラ犬が死にかけてます。


暑さで人が死ぬというのを本当に知りました。



ですからインドに行く際は、季節を選びましょう。



この写真の頃は、冬で寒かった。

●↓写真:ニューマーケット

名前はニューマーケットだが、まったく新しくはないです。



コルカタ、サダルストリート インド
コルカタ、サダルストリート〜インド2
コルカタ(カルカッタ)
コルカタ(カルカッタ)2
コルカタ(カルカッタ)3
バラナシ
バラナシ2
メインバザール インド デリー
インド デリー
インドの首都デリー メインバザール

uppic

コルカタ(カルカッタ)
2007/10/24 20:22:08 ブログカテゴリ 海外旅行 | 書庫 コルカタ
uppic







■インド・コルカタ(カルカッタ)


ちょっと前までは、カルカッタと言ってましたが、
ちょっと前にコルカタとなりました。
インド東部の西ベンガル州の州都。

僕は、コルカタという呼び方には、
まったく馴染めません。
カルカッタという方がしっくりきます。


昔、首都だったそうで、今でも面影が残ってます。
・・いや、よく考えると、そうでもないか?

ラッシュ時は、
路面電車、バス、タクシー、車、リキシャ(人力車)、
オートリキシャ(三輪バイクタクシー)、
自転車、人、人、人・・・が入り乱れて
吐き気がするほど凄まじい光景です。

見ただけで、インドはお腹一杯になります。

コルカタ周辺も含めると人口約 1,400万人!!!
オフィス街からスラム街まで色んなインドが見れます。

バングラデシュから近いし、人種的にもベンガル人が
多いようです。

雨期の時期は、最悪で道路が冠水したりします。


聞いたことないような病気が発生するのも
わかる気がします。


首都デリーと違う雰囲気でコルカタ好きの
バックパッカーも結構います。


コルカタ、サダルストリート インド
コルカタ、サダルストリート〜インド2
コルカタ(カルカッタ)
コルカタ(カルカッタ)2
コルカタ(カルカッタ)3
バラナシ
バラナシ2
メインバザール インド デリー
インド デリー
インドの首都デリー メインバザール

uppic


[ 次の 2 件を表示 ]