ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ピタミンはガン予防の「特効薬」?
2014/09/13 23:50:06 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般

ひとびとの健康志向が高まるにつれて、
ビタミンの?燐は上昇の遠をたどって
いる。ビタミンは?いいもの〃、悪者にはな
りえないような錯覚さえ抱いてしまう。

だが、早飲み込みや先入観は危険だ。そのベー
ルを剥いで、ビタミンの真の素敵を覗いて
みよう。

ピタミンはガン予防の「特効薬」?
人間が生きていくためには、さまざまな
栄養素が必要だ。体をつくったり、エネル
ギー源となるのは、炭水化物、タンパク質、
脂質が中心だが、それだけではうまく機能
しない。生理機能の調節役としてのビタミ
ン、ミネラル(無機質)、食物繊維などの働き
があってはじめて活動できる。つまり、ビタ
ミンは脇役としてなくてはならない栄養素
なのだ。


cuteme効果

コメント(0)
トラックバック(0)

ガイジンを驚かせた日本人の体力
2014/09/08 06:15:29 ブログカテゴリ 健康 | 書庫 全般
日本人はかつてもっとパワーにあふれて
いた。とくに幕末から明治にかけて日本を
訪れた外国人は、日本人の健康な肉体と強
靭な体力に絶句したという。慶応三(一八六
七)年世界一周旅行の途中、日本に立ち寄
り、三十五日間滞在したL・ド・ポーヴォ
ワールは、馬を借りて小旅行に出かけた際
の驚きを次のように記している。
「(馬丁は)実際この長い一日のあいだ、四
六時中我々の速い走行の伴をした。ある茶
屋で馬からおりると、彼は直ちにその場に
いんげん豆の鋼料を少し与える。この男の
軽い足が地面にほとんど触れるか触れない
かといった様をどんなにお見せしたいこと
か。(中略)この訪閥の後、横浜へと再び出発
する。

コメント(0)
トラックバック(0)

食べ物に「旬」を感じな くなった、
2014/09/03 19:32:44 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

そして昭和四十年代以降。農産物の品種改良や栽培技術の向上、保存技術の発展な
 どで、肉・魚・野菜が年間通じて豊富に出回るようになった.。
食べ物に「旬」を感じな くなった、という言い方も出てきたほど品
 揃えは豊富になり、年間を通して店先に並ばない野菜の名を挙げるほうが難しくなっ た。

加えて高度経済成長。贅沢・美食は美徳となり、食生活はより豊かに、特に洋風化
 が進んだ。
一世帯当たり、一年間の食品消費の推移 をみれば、その傾向は一目瞭然。一九七一年
 (昭和四十六年)から九七年(平成九年)までの 二十数年間の変化を総務庁の 『家計調査年
 報』から見ると、減ったものは、うるち米(二白菜(二七厄「◆九・八也)/ネギ(九如「−五・九
也)/里イモ (六kgl三・九也)/しょう油三二色1一〇・五止)/味噌二六kgl八・九
由、生鮮魚類も軒並み減っている。



コメント(0)
トラックバック(0)

みそ汁こしらえて初産する
2014/08/27 07:23:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

みそ汁こしらえて初産する
                             
 用意万端ととのえ、手落ちなく準備すること。

浮世草子の『傾城禁短気』に、「ふだん出入りの医者を呼びよせ、気付けなどの用意をたのみ、味噌汁こしらえて初産するように、よろず秒支度をこしらえ置き」とあります。

初産は女性の難事であり、親子ともに無事にのりきれるよう「魔減(マメは、豆、つまり大豆に通ず)」の入った「み
そ汁」を口にしてから出産にのぞむという意味もあります。

みそ汁をとることによって、腹の中を清め、力をつけるという解釈の仕方もあります。

●みそ汁一杯三里の力
 みそ汁を一杯食べると、三里 (約一二キロ)歩いても疲れないほどのパワーがつく
                                 
ということ。

昔のみそ汁は、実だくさんで、季節の野菜やキノコ、山菜、油揚、豆腐
といった多種多様な材料が用いられていましたから、栄養も満点で体力もついたので
しょう。



コメント(0)
トラックバック(0)

みそ汁こしらえて初産する
2014/08/27 07:23:54 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

みそ汁こしらえて初産する
                             
 用意万端ととのえ、手落ちなく準備すること。

浮世草子の『傾城禁短気』に、「ふだん出入りの医者を呼びよせ、気付けなどの用意をたのみ、味噌汁こしらえて初産するように、よろず秒支度をこしらえ置き」とあります。

初産は女性の難事であり、親子ともに無事にのりきれるよう「魔減(マメは、豆、つまり大豆に通ず)」の入った「み
そ汁」を口にしてから出産にのぞむという意味もあります。

みそ汁をとることによって、腹の中を清め、力をつけるという解釈の仕方もあります。

●みそ汁一杯三里の力
 みそ汁を一杯食べると、三里 (約一二キロ)歩いても疲れないほどのパワーがつく
                                 
ということ。

昔のみそ汁は、実だくさんで、季節の野菜やキノコ、山菜、油揚、豆腐
といった多種多様な材料が用いられていましたから、栄養も満点で体力もついたので
しょう。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]