ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ドラッグストアと薬局と薬剤師
2013/03/17 00:14:39 ブログカテゴリ 雇用 | 書庫 薬剤師の仕事

 

大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアは、現状では、さらなる店舗網の拡大を進めています。そのため薬剤師確保が課題となっています。調剤薬局やドラッグストアが店舗網をどんどん拡大している背景には、大手のシェア争いがあります。


このような現象は、他の業界でもありますが、他の業界との違いは調剤薬局がまだまだ中小規模の薬局が多いことが挙げられます。例えば、ドラッグストアチェーンは上位10社でドラッグストア市場(5兆4430億円)の約50%を占めていますが、調剤薬局チェーン上位10社合計でも調剤市場(6兆2271億円)の10%にもなりません。調剤の売り上げ上位企業を見ると、調剤専業企業のほかに、医薬品卸、ドラッグストアの進出が目立っています。つまり、調剤事業は、他の業態からの進出した企業がどんどんシェアをとっていっているのがわかります。


特に2009年から施行された改正薬事法で、登録販売者が創設されてからは、ドラッグストア業界では、OTC医薬品販売に乗り出す動きが活発化してきました。

ドラッグストアとしては差別化策としての専門性強化を図る必要があり、調剤併設店舗の整備を急いでいます。また、薬剤師しか扱うことができない第1類医薬品の販売でカウンセリング力を高める狙いもあります。


調剤薬局やドラッグストアが薬剤師の確保に力を入れていることを示すデータとしては、2012年5月にまとめた「薬剤師需給動向の予測に関する研究」があります。これは、薬剤師の主な勤務先を対象に聞き取り調査を行い、今後の需要にかかる要因と傾向を予測したものです。それによると、店舗数が増えている薬局とドラッグストアは、薬剤師の需要が増えると予想されています。1店舗当たりの薬剤師数はそれほど大きく増えるとは考えられていませんが、ドラッグストア、薬局業界とも、店舗数を増加する戦略を立てているため、都市部を中心に今後も薬剤師需要は増えていくとみられています。また今後の需要拡大には、在宅医療への取り組み、かかりつけ薬局機能といった新たな事業展開が薬剤師の需要拡大のカギになると見られています。こういったドラッグストアや調剤薬局に就職したい方は、マイナビ薬剤師の薬剤師求人情報がお勧めです。



コメント(0)
トラックバック(0)

薬剤師と登録販売者の役割
2013/01/30 23:48:17 ブログカテゴリ 雇用 | 書庫 薬剤師の仕事

 

2009年6月から施行された改正薬事法によりはじまった登録販売者制度。
薬局で買える市販薬は、第一類、第二類、第三類に分類されます。登録販売者の資格をもっていれば、薬剤師がいない店舗でも第二類と第三類の薬を販売することができます。
登録販売者制度がはじまった当初はOTC医薬品に第二類、第三類の占める割合の高さや医薬品を販売できる人が大幅に増えることから、薬剤師の仕事が減り、薬剤師そのものの存在感が低下すると言われていました。


しかし、最近、ロキソニン、アレグラ、アレジオン、アレギサールのような有名な医療用医薬品が第一類にスイッチされるようになり、第一類の医薬品を販売できる薬剤師の存在が際立ってきました。今後も使用上注意が必要なOTC医薬品が次々と登場してくると思われます。

このように当初の予想の仕事の奪い合いのような考え方をよそに薬剤師と登録販売者は、それぞれの役割の違いによって、分類できるように思われます。薬剤師、登録販売者それぞれが自分の役割に特化することにより、お客様により質の高いサービスを提供できるはずです。
 
薬剤師は、登録販売者を教育し育てることで、多くの医薬品販売を登録販売者に任せられます。それにより薬剤師は、第一類医薬品のより高度な接客や店舗運営の仕事に集中できます。薬剤師だけでは、ある一定数のお客さんしかケアできません。これに高いスキルを持った登録販売者が加わり、連携することで多くのお客さんに対応できるようになります。薬剤師が登録販売者を育て、登録販売者が薬剤師を助ける、この関係が今後大切になってきます。
 
超高齢社会で医療費が毎年1兆円づつ増加している日本では、厚生労働省が医療費削減の一環として、セルフメディケーションを勧めています。セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすることと定義されています。

今後、セルフメディケーションの中心となるのは、薬局、ドラッグストアです。
これらの果たす役割は大きく、地域の人々により細かいサービスを提供して行かなければなりません。そのために薬剤師と登録販売者がそれぞれの技術を高め合い、それぞれの役割を理解し、協力しあうことによって、両者が地域医療にかかせない存在になっていくはずです。

 



コメント(0)
トラックバック(0)

薬剤師の大まかな仕事
2013/01/26 22:39:47 ブログカテゴリ 転職 | 書庫 薬剤師の仕事


薬剤師は、国家資格取得者で薬という人の命にかかわる商品を扱うので業務内容等は薬剤師法により規定されております。

また薬だけを相手にするのだけでなく、処方箋を受け取る患者さんや入院している患者さんが安全かつ効果のある薬を使用できるように手助けをするとても重要な仕事です。

薬剤師届出状況は、下記のようになっています。

薬剤師総数 267751人
男性 104578人
女性 163173人

薬局(ドラッグストアなど)50.69%
病院 18.80%
大学 3.46%
医薬品企業 17.79%
行政機関など 2.35%
その他 6.90%

おおまかに分けるとこうなります。
ただし、ひとくくりで病院といってもそれぞれの職場に応じて薬剤師の仕事内容は、変わってきます。


薬局やドラッグストアに薬剤師のほぼ半分の人が務めています。
次に多いのが病院、製薬企業となっています。


薬局では、病院で医師の発行する処方せんを元に調剤を行います。
製薬会社に勤務する薬剤師は、新薬の開発や治験などを行っています。
 

製薬会社や卸売業に勤務する場合は、お客さんが医師などになり、一般の人とはなかなか接点がありません。しかし薬局では、薬を手渡す際に、その薬についての効果・用法・使用上の注意、飲み合わせ、副作用などの説明を患者さんにすることになります。
どちらにしてもコミュニケーション能力が必要になってきます。


薬剤師の働く場は、増加傾向にあります。病院前薬局は、医療分業がすすみ、頭打ちの状態にありますが大手薬局、ドラッグストアは、新規出店を強めていますし、違う分野への進出を進めているので今まで以上に薬剤師の活躍の場が求められています。


一方、薬剤師の数ですがこちらも薬科大学、薬学部増加に伴い、薬剤師を目指す学生が増えていますし、薬剤師の国家試験の合格者は、毎年1万人近くになっており、薬剤師資格取得者がぞくぞくと市場に流れ込んでいます。こう考えるといくら働く場が増えていても、将来は、薬剤師の飽和状態になることも考えられます。

ただし、薬剤師の総数の6割が女性なので妊娠や出産で退職する人も多くいることも忘れてはなりません。こういった方は、派遣として職場復帰して比較的短い時間で働くというスタイルを取る方がおおいようです。どちらにしても今後は、薬剤師の免許だけでは、厳しい時代となってきます。自分の強みをどれだけ持つことができるかが重要な時代がきます。


 



コメント(0)
トラックバック(0)

管理薬剤師とは?
2013/01/17 18:12:24 ブログカテゴリ 転職 | 書庫 薬剤師の仕事

管理薬剤師とは?

管理薬剤師とは、ドラッグストアや薬局を運営するうえで一人、責任者を置かなければいけません。その責任者が管理薬剤師です。これは、薬事法でかならず店舗に1人管理薬剤師をおかなければいけないことになっています。

管理薬剤師になると、薬剤師よりも年収が100万円から200万円高くなると言われています。基本的には、その職場で経験値が高い人が選ばれます。女性の場合、子育てのため、勤務時間が制限されることがあるため、男性が選ばれる傾向が多いです。

薬剤師の資格を持っている方であれば、将来的には興味のある仕事だと思います。
では、具体的に管理薬剤師がどんな仕事をするのか説明していきます。

管理薬剤師も基本的な仕事は薬剤師の仕事と同じです。
つまり調剤・投薬の仕事のことです。


では管理薬剤師と一般的な薬剤師の仕事の違いですがこれは、薬局やドラッグストアによって違います。ここでは、いくつか例をあげていきます。
まず管理薬剤師は、店舗を管理する立場にあるのでその仕事があります。
まず、医薬品の管理です。これは、在庫の管理、質の管理とありますが
常に賞味期限の切れていない薬を一定数保管しておくことです。
患者さんがきて、必要な薬がないから待ってくれというわけには、いきませんし、
そんなに必要でない薬が大量にあっても経営的に問題があります。
賞味期限が切れている薬を患者さんに渡すわけにもいきません。
もちろん、一般的な薬剤師もこういった管理をしますが最終チェックは、管理薬剤師が行います。

次に人の管理です。従業員のシフトの管理を行いますし、早退、遅刻、残業、有給の許可も管理薬剤師が出します。忙しい時に、暇な時、状況におおじてどれくらいの人が必要かを考えて店舗をまわします。また、退職や転勤の相談も管理薬剤師が受けます。

お金の管理もあります。レジのお金の最終チェックも管理薬剤師の仕事です。
その他にも、業務日誌をつけたり、打ち合わせで出かけたりと様々な業務があります。
責任、仕事ともに大変ですがやりがいのある仕事です。

 


 



コメント(0)
トラックバック(0)