ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
管理薬剤師とは?
2013/01/17 18:12:24 ブログカテゴリ 転職 | 書庫 薬剤師の仕事

管理薬剤師とは?

管理薬剤師とは、ドラッグストアや薬局を運営するうえで一人、責任者を置かなければいけません。その責任者が管理薬剤師です。これは、薬事法でかならず店舗に1人管理薬剤師をおかなければいけないことになっています。

管理薬剤師になると、薬剤師よりも年収が100万円から200万円高くなると言われています。基本的には、その職場で経験値が高い人が選ばれます。女性の場合、子育てのため、勤務時間が制限されることがあるため、男性が選ばれる傾向が多いです。

薬剤師の資格を持っている方であれば、将来的には興味のある仕事だと思います。
では、具体的に管理薬剤師がどんな仕事をするのか説明していきます。

管理薬剤師も基本的な仕事は薬剤師の仕事と同じです。
つまり調剤・投薬の仕事のことです。


では管理薬剤師と一般的な薬剤師の仕事の違いですがこれは、薬局やドラッグストアによって違います。ここでは、いくつか例をあげていきます。
まず管理薬剤師は、店舗を管理する立場にあるのでその仕事があります。
まず、医薬品の管理です。これは、在庫の管理、質の管理とありますが
常に賞味期限の切れていない薬を一定数保管しておくことです。
患者さんがきて、必要な薬がないから待ってくれというわけには、いきませんし、
そんなに必要でない薬が大量にあっても経営的に問題があります。
賞味期限が切れている薬を患者さんに渡すわけにもいきません。
もちろん、一般的な薬剤師もこういった管理をしますが最終チェックは、管理薬剤師が行います。

次に人の管理です。従業員のシフトの管理を行いますし、早退、遅刻、残業、有給の許可も管理薬剤師が出します。忙しい時に、暇な時、状況におおじてどれくらいの人が必要かを考えて店舗をまわします。また、退職や転勤の相談も管理薬剤師が受けます。

お金の管理もあります。レジのお金の最終チェックも管理薬剤師の仕事です。
その他にも、業務日誌をつけたり、打ち合わせで出かけたりと様々な業務があります。
責任、仕事ともに大変ですがやりがいのある仕事です。

 


 



コメント(0)
トラックバック(0)