ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄伝統空手・フルコンタクト空手・総合格闘技 ・琉球古武道・日本伝承古武道・柔術 等に興味のある方、いらっしゃいまし。
色んなジャンルの皆んなの道場をつくろう!
武士道・無限流
2016/05/30 18:13:24 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

今回は、武士道・無限流についてのご紹介です。

無限流と名が付いたのは、近年(明治時代頃)で、

その前は家伝の趣きが強く少人数で受け継がれた、

名も無き流派の一つです。

昔から武術ととしては、総合的に修練されていた流派で、
現在の稽古は、居合道型が主流を占めています。
その他、柔術・木剣術・小太刀・二刀術・鎌術・槍術・薙刀術を
修め奥伝に至ります。(初伝・中伝有り)
木剣術では、約束稽古にあたる「組打ち」と型稽古に加え、
撃剣(自由に剣で戦う事)も稽古に取り入れて技を磨きます。
また、体術として柔術にも力を入れています。
現在では、合気道・合気柔術・柔道等の投げ技・関節技を学び、
危険な古流柔術の技は、知識程度に留めています。
子供達には、まず糸口としてチャンバラや手裏剣を遊び感覚で、
やらせています。最近は珍しい様で、皆興味を持ち楽しんでいます。
(もちろん安全には十分考慮し指導して居ります。)
子供達にも基本としては、居合の型を模造刀を使って覚えさせて
います。この上達加減により、昇級審査を行い、小学生を中心に級位を
与えています。
上の写真は、高校生の演武「抜き附け」と呼ばれる、居合道の
型です。簡単なものから、高度な技までを初伝から中伝の中で
学び、心身を鍛え平常心を身に付けていきます。
(刃物にも動じない心の強さ・勇気を養う。)
武器もあらゆるものを使用する為、修行年数は掛りますが、
武術全般を基礎から学べます。長物(槍・薙刀)は特に修行の価値
有りで、剣の扱いが基本的に出来るようになったら、その延長で習います。
まずは素手・武器は手の延長としての考えから構成されています。
全ての武術は、ほぼ基本一致する点が多く、まれに逆もまた真なりと、
学びとる事も出来ます。
現代から、日本の古武術が姿を消さない様、伝承ともに日々研鑽し、
努力を重ねて参りたいと思います。

BY・成龍




コメント(0)
トラックバック(0)

組手県大会
2016/05/30 14:08:21 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

昨日・5月29日はフルコンタクト空手・組手県大会に

参加して来ました。一心舘より、3名・八木道場より、3名

(一般部・初級)の参加。

八木道場より、一般部の若手選手は、初出場ながら健闘、

一名は一般初級の部(重量級)にて、優勝し、

当道場の高校生も3位と健闘しました。

例年は、会場の空調が効かなかったせいで、とても暑い中大会が

行われておりましたが、今年は主催者様のお蔭で、とても涼しい中

快適に出場・応援する事が出来、有り難かったです。

八木道場より参加の一般部3名は、普段スポーツ組手の選手で、

今回自主的にフルコンタクト組手にチャレンジしてみようと

思い立っての参加でしたが、また来年リベンジ・ランクUPしての

挑戦を考えている様子でした。

大会も終わり、少年部は今大会には、ほぼ不参加でしたので、

剣術部・空手部に分かれ、総合武術の稽古に励んで居ります。

また一般部も、通常の剣術の稽古に戻ります。

「日々研鑽」   BY・成龍



コメント(0)
トラックバック(0)

拳・剣一致、理想の流儀を目指して?
2016/05/18 16:12:47 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

 毎回、沖縄一心舘道場の御紹介をさせて頂くブログと

なって居りますが、今回は当道場独自のプログラムで

有ります、空手〜剣術・剣術〜空手への変換指導に関して、

すこし説明をさせて頂きたいと思います。

御承知の方もおられましょうが、当道場では木剣術・居合道に合わせ、

空手道・琉球古武道(武器術)も同時に練習致します。

無手に於いては、昔より体術(柔術)が武士の嗜みで有り

ました様に、どちらが欠けても武術として未完成なもので有り、

独立した近代武道となって、素手で行う武道は武器術の練習を

しなくなり、かつ競技化に特化しつつ有るのが現状です。

時代の流れも有り、また法治国家となった現代に於いて、武器術は

必要無しにて危険な凶器と区別されます。

剣は古来より日本人・琉球人の区別なく武器として日常身に付けていて、

当然の得物でしたが、近代国家樹立・欧米化政策をとる明治政府に

よって、廃刀令が施されかれこれ140年が過ぎます。

日本は、世界的に見てもとても治安が良く誇れるものです。

しかしながら、最も先端を行く先進国のアメリカに於いて武器は、

すなわち拳銃で有りますが、いまだ護身用としてその販売が自由にされており、

子供でも入手する事が安易です。

歴史的見地で、国民性と政治の違いは有れ、日本人が剣そのものを

あまりに特別なものとして(美術刀等)扱うのは、あくまで個人的意見と

して残念で有りません。

私たち年配者が、幼少の頃はチャンバラをよくしたものです。

剣への馴染みが有りました。逆に最近の子供達にとっては、

とても新鮮なものの様です。空手道部の子供達に合わせて剣術を

教えている理由の一つに、彼らからのリクエストが多かった事が挙げられます。

武器は手の延長と考える当流(無限流)の教えも有り、

空手に並行して練習するようになりました。立ち方・移動・基本動作等は、空手も

剣術もほぼ同じです。剣が使えれば拳も使え、拳がこなせれば、剣術もこなせます。

そんな考えも有り、私個人としても日本伝承の古武道を、少しでも

現代を生きる方々(子供たちを含む)に知って頂きたいとの

思いも有って、空手道としては少々邪道ではなかろうかとのお叱りを

受けるやも知れませんが、敢えて挑戦をして居ります。

私は、全ての武道・武術の基本的所作や理論はほぼ同じものと

捉えています。「逆もまた真なり、真理は同一なり、全武術流儀無優劣。」

との無限流の考え方を通し、沖縄伝統空手道の研究・直伝無限流の研鑽に

思いを馳せる今日この頃で有ります。

BY・成龍




コメント(0)
トラックバック(0)

沖縄一心舘道場・剣術古武道クラス
2016/05/16 12:31:35 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

 今回は、沖縄一心舘道場の剣術・居合道・古武道

クラスの紹介を致します。(当道場は、那覇市長田・

沖縄大学の近くに有ります。)提携の姉妹道場として、

埼玉の(さいたま市内)一心舘道場〜剣道・居合道・空手道

が有ります。

現在、一般部練習生は1名と高校生練習生が2名いて、数は少ないですが、

気合の入った練習をして居ります。

型を中心とした居合道(模造刀を使用)や、木剣を使う組太刀・

木剣による撃剣(自由組太刀)の稽古をメインに、柔術・空手拳法・柔道・

槍・薙刀・小太刀の稽古も取り入れて指導しています。

剣術・居合道クラス小学生の部では、毎週日曜に限り長時間の

稽古をしていて、小学生メンバーが5名程居ります。

この子たちは空手道にはあまり興味が無く、チャンバラが好きな為、

クラスを分けて稽古しています。

小学生剣術格技の稽古内容は、木剣術・居合道・柔術・柔道・沖縄の武器術

と多岐に渡りますが、みんな長らく興味を失わず、3年間続けています。

日本伝統古武道を伝承する子供たちは、特に少なく(全国的に)

貴重な存在で有り、将来に期待して居ります。

また、少年空手道クラスの子供たちも、木剣・居合・武器術を

たまに練習に取り入れて居り、手裏剣投げは大人気(現在調整中)

で、武術・武道全般に興味を持って貰える様、将来的に柔道の選手を

育成する(基本的稽古により)事も念頭に置いています。

皆さんの将来に期待します。

BY・成龍



コメント(0)
トラックバック(0)

総合武道練習体系
2016/05/12 13:48:47 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

 沖縄一心舘道場では、剣術を基本に柔術・武器術・空手道・柔道の

練習を、各クラスの分け隔て無く練習しています。

 特にフルコンタクト組手の稽古や乱捕り・寝技の実戦稽古では、

小学生・練習生のほぼ全員が毎回泣いています。

(ガチンコ勝負で、指導がかなり厳しい為。)

武器術を主軸として、稽古体系を模索し指導して居りますが、

武器は手の延長であり、素手にて戦える事は直接自身の自信に繋がり、

護身にも役立ち、自分を鍛える(肉体的・精神的に)意味でも有効な為、

稽古の6割〜7割の時間をさいて練習させます。

日本伝承古武術の専科クラスでは、個人の技量成長に伴い

2段取得を目安に、当流伝書「初伝」を授与、現在の初伝取得者は

国内(沖縄)で2名・海外で2名ほど居ります。

空手クラスの子供たちもチャンバラ好きなので、クラスに区別なく

撃剣(木刀・棒での戦い)をさせ、手裏剣投げの練習もさせています。

(金属製の手裏剣を使う為、人気あり。)

柔道の乱取りや、寝技勝負も度々行いますが、

子供たちも空手の生徒で有っても抵抗無い様です。

こだわりなく、伸び伸び楽しく取り組んでくれるのが、何よりです。

おそらく、沖縄ではこの様な稽古体系で取り組む空手道場は、

皆無と思われます。(もちろん空手クラスの生徒には、伝統空手の

型の指導もしています。)これから指導を続けるに当たり、

沖縄の多くの(空手道)先生方からの批判も受けるやも知れませんが、

志を曲げず貫きたいと思います。

5月29日には、日本古武術クラスの生徒が、フルコンタクト空手・組手

沖縄大会に出場が決まっている為、大会に向け組手の稽古を中心に

最近は取り組んでいます。(剣も拳も同じとの考えから参加している。)

みんな頑張って欲しいです。ガチンコ組手稽古の成果が出ます様に。

BY・成龍




コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 2 件を表示 ]