ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄伝統空手・フルコンタクト空手・総合格闘技 ・琉球古武道・日本伝承古武道・柔術 等に興味のある方、いらっしゃいまし。
私の空手・古武道研究
2012/10/30 13:11:42 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

 こんちは、いつも読んでくれて有り難うです。

島ちゃん館長です。 今回は、自分が力を入れて研究

している、空手・古武道の流派について紹介しますよ。


小さい頃から、空手やってるけど最初に始めた流派は、

松濤館流で東京に住んでた頃、近所に有った道場です。

その後、小学校5年の時に埼玉に越して道場が変わり、

次にやったのが本部流、ここで武器術や空手拳法を習ったよ。

この本部流は、首里手で古い伝統タイプの空手でしたが、

組手は極真会より荒く、先輩達は毎日のように組手で大怪我を

していた様です。私は子供だったので、伝統的な首里手の形や、

棒術・サイ等の武器を習っていました。



その後、先生が亡くなり、近所に有った剛柔流の道場
                                                                    (全日本剛柔会)に入り、これを機会に長年に渡り剛柔流の

修行を始める事となりました。本部流へは再度違う道場で、

20歳ごろより修行を再開しました。高校生の頃より、剛柔流と

並行して、極真空手を修行、こちらではその後”士道館”に変わり

ました。10代・20代の頃は他の武道も含めて、武道三昧の毎日でした。



40歳を過ぎて、本物の伝統空手に目覚め、思い立って憧れの

沖縄に移住し空手・古武道の研究に没頭しようとやって来ました。

沖縄では、長年修行した”剛柔流”と”本部流”の源流を訪ね、

那覇市に有る「明武舘・総本部道場」、八木 明哲先生の指導を仰ぎ、

また、”本部御殿手”真武館道場・諸見里 真助先生に師事し古武道と

てぃーを習うこととなりました。それからかれこれ6年が過ぎます。

八木先生は、かの”八木 明徳”先生の倅さんで空手道振興会の

副会長を、また、全沖縄空手道連盟の会長でも有り、伝統空手に

対してこだわり、すばらしいポリシーを持つ方です。



また、諸見里先生は、かの達人と謳われた”上原 清吉”先生の

愛弟子です。上原先生の亡き後、本部御殿手の普及に尽力されています。



私は、この素晴らしい先生方と、沖縄に来た事で出会えたのは、

運命の様な物を感じ、とても光栄に思っています。

まだまだ、沖縄の空手・古武道の世界では、半人前で有る

自分では有りますが、身体の動く限りは修行を積んで、沖縄の武道

界に於いて、貢献させてもらおうと思う今日・この頃で有ります。






コメント(0)
トラックバック(0)