ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
沖縄伝統空手・フルコンタクト空手・総合格闘技 ・琉球古武道・日本伝承古武道・柔術 等に興味のある方、いらっしゃいまし。
沖縄さむらい紀行
2012/11/26 12:49:10 ブログカテゴリ 格闘技・空手 | 書庫 全般

 武道館・フリーセミナーレポート

11月19日・21日・23日の3日間、県立武道館(錬成道場)2階にて、

第一節(全三回)のブログ読者向け、無料セミナー”剣術”を開催しました。

今回のテーマは、「木剣術・基本」と言う事で、素振りから移動稽古・

約束組太刀(基本編)までを、初心者の方対象に指導致しました。



今回は初開校の上、早い時間帯で有った為か、思うほど人数が

集まりませんでしたが、少人数で十分行き届いた指導が出来たかと、

自負して居ります。参加者の方々も、一通りの”剣術入門編”位は、

マスター出来たかと思います。3日間の参加延べ人数は、見学者4名・

参加者9名で終了しました。うち、全て受講された方は2名でした。



次回は、同じく県立武道館・錬成道場2階にて、12月中旬頃

開催の予定で居ります。この”第二節”では(全三回)3日間、各2時間で

同じく「剣術・基本」から、木剣での抜き・体捌き・約束組太刀・チャンバラ試合等

を盛り込んでやりたい考えです。ブログ読者の皆さんの参加、待ってます。



今回の参加者も全員、初心者だったので、次回でも気軽に参加

出来ると思います。私は、空手家でも有りますが、次回は是非、空手経験者の

参加を期待し無料オープンセミナーと致します。残念ながら今回は、

空手からの参加が有りませんでしたので、次は気軽にどうぞ。



さて、具体的に今回の練習で何が出来たのかと言いますと、素振りに

関しては木刀が、皆さんの思った以上に重かった様で、苦戦されていました。

移動での打ち合いでは、慣れないせいか緊張感と手の痺れが有った様です。

組太刀では、諸手受けからの押し突き・受け流しからの小手落しと、小手外し

からの胴切り上げ等、初心者でも理解し易い術理のものを選んだので、

皆さんが納得し、身に着けられた様に思えました。



約束組太刀を少しずつ覚えて、それらを重ねて演武出来る様になると、

一連の”殺陣”(たて)が完成し、人前で演武披露出来るレベルに達します。

今回の稽古で、「受け流し」を身に着ける事で、上段打ち込みの、かわしや

体捌き等を学び、剣道とは違った”剣術”の特性が分かったかと思います。

これは、競技では無い世界(実戦)の技術で、”刀で切る事”を体感し、古い武術

が逆に、”新鮮”に思われたのではないでしょうか?



今後の予定として、12月に”第二節”と1月に”第三節”を開催しますが、

第三節でフリーセミナーは最後とし、2月より新道場開設の準備と成ります。

”第三節”(一月下旬)では、「長物」これは、槍・薙刀・日本古流棒術・丈術を

やりますので、琉球古武道の経験者の方は、参考までにどうぞ。



重ねて申しますが、私は日本伝承古武道を沖縄県内の空手経験者

の方々に、是非学んで頂きたくブログを書き連ねて居ります。

”武器は手の延長”と言い、古来より「武士は表芸・裏芸を兼ね備えてこそ。」

武人は、武器術と体術の両輪を持つべきで、中国拳法でも同じような事を云います。



若い修行者のうちは、競技空手も良いですが、ある程度の年齢に

達したならば、空手道の形の研究や、古武道の稽古を積むのが良いと

私は思います。むしろ”必要性が有る”と言っても良いでしょう。

武道を探求すれば、奥が深いものです、”空手家の気付き”に期待します。

また、「身体が思う様に動かなくなったら、次は武器ですよ。」と言いたいです。

空手が出来るのならば、武器術の習得は比較的安易なものです。

あなたも古武道の世界にいらっしゃい。

BY・成龍



コメント(0)
トラックバック(0)