ごーやーどっとネット沖縄  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
必要
2018/03/05 09:40:53 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

その際、廃棄・リサイクルする業者は、「(財)自動車リサイクル促進センター(経済産業省・環境省指定法人)」からリサイクル料金を受け取ることができ、そのお金で廃棄とかリサイクルのコストをまかなうことができるのです。

 

だから廃棄やリサイクルにかかる料金を自動車の所有者に請求する必要がありません(だってすでに支払い済みなのですから)。

 

今はこうした仕組みになっているので、車を処分する際、以前のように費用を請求されることがなくなりました。

(※)ディーラーでは今でも「手数料」と称して費用を請求しますが、これは中間マージンを取っているのです。



コメント(0)
トラックバック(0)

放置
2018/02/25 10:20:18 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

日本車であっても、学生さんなどが車を所有している場合には、車検を期に車を放置してしまうことがしばしばあります

 

いずれにしても、あなたのお車がこのような状態で放置されているとしたら、1日も早く廃車専門業者に引き取り依頼を出した方がいいです。

 

なぜなら、車検が切れているといってもナンバープレートは付いたままであるはず

 

ナンバープレートが付いているということは、沖縄県那覇市を管轄する陸運局では、あなたが車に乗り続けていると判断するので、5月になれば自動車税の請求書を送り付けてくるからです。



コメント(0)
トラックバック(0)

トラック
2018/01/12 09:19:45 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

「アルミバン」と呼ばれるトラック
アルミバンは平ボディートラックと同じく、沖縄県でも日常的に見るトラックです。もっとも一般的なトラックと言っても良いでしょう。ドライバン、アルミトラックと呼ばれることもあります。アルミバンの形状は荷台をアルミ製の箱で覆われています。主に長距離輸送に使われるトラックで、引越し業者、宅配便の集配操業など運送業で多く使われています。よく「2tトラック」や「4tトラック」と言いますがこれはアルミバンの積載量を示したものです。アルミ製なので車体が軽量となっています。他のトラックに比べて積載量が多く、高速道路も高速で走行することができます。

 

「パネルバン」と呼ばれるトラック
パネルバンとは、バンのボディ部分がパネルでできている箱型のトラックを指します。 パネル部分の素材は主に、アルミやアルミをベニヤ合板などで補強したもので製作されており、運転席と荷台部分が分かれている構造から匂いなども気にならないとドライバーに重宝されています。 パネル部分に断熱材を合わせた保冷バンや冷蔵・冷凍機能を有した冷蔵バンや冷凍バンもパネルバンの一種に含まれ、デパート業界やパン業界など様々な食品業界の配送業で新車・中古車問わず多くの車両が活躍しています。もちろん沖縄県でも大活躍ですね。



コメント(0)
トラックバック(0)

家電
2018/01/11 09:08:46 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

一括査定サイトに登録している各々の買取店がすごいんじゃないんです。

 

「一括査定サイト」がすごいんです。

 

それは各家電メーカーと大手家電量販店の関係と同じです。

 

皆さんご存知のように、今日の日本では、各家電メーカーより大手家電量販店のほうが力が上です。

 

家電量販店という<売り場>がメーカーを従属させているのが現状です。

 

同様に、一括査定サイトが提供している<買取額比較>こそが全国のあまたある車買取店の頂点に君臨しているのです。

 

だから、あなたがあなたの愛



コメント(0)
トラックバック(0)

再販
2018/01/08 07:23:16 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

<Q>
そもそも、なぜ廃車でも買取ができるのですか?

 

<A>

業者としては、廃車を買取した後に、中古車として海外輸出またはパーツとして輸出を行ったり、修理して国内市場で再販をおこなったりすることで利益が得られます。

 

一言でいえば、販路の多さと強さ、それを選別するマーケティング力が強みとなり、廃車をお金に換えることができるのです。

 

だからこそ、引き取りの際のレッカー費用とか、陸運局での事務手続き代行などを無料で行うことができ、さらに買い取り額を提示することが可能になります。

 

<※>廃車でも買い取りできるようになった最大の要因は、自動車リサイクル券です。リサイクル券があることで、業者はコストを負担することなく廃車処分が可能になりました。そのため、お金になる部分を再販することで利益を生むビジネスモデルに変わったのです。



コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]