八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
竹富島のシーサー
2011/03/31 21:38:40 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
牛車に揺られながら、目に飛び込んで来るのが

赤瓦にシーサー。



竹富島は特に楽しい面白いシーサーが多いですよねぇ。



大阪で言えば神社でいるこま犬なんですよねぇ。

ちなみにだんじりで言えば「きばな」と言うんです。

これも面白い、魚加えてるんですよねぇ。



さぁ、「南の島の宝物」今日の1枚。

「竹富島あたり」珊瑚の形が面白かったんです。

では、ご覧下さい、どうぞ。



もうひとつのブログhttp://blog.livedoor.jp/sdffff0455/もお楽しみに。




コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島
2011/03/30 20:27:23 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
牛車は、ゆっくり、ゆっくり集落を進むんですよねぇ。

そして、ガイドさんがいろいろと

竹富島について語ってくれるんですよねぇ。

昔は、名物おじぃが名調子で語ってくれました。

そして最後は必ず三線で・・・。

あさどやゆんた・・・なんですよねぇ。



最近は、若いガイドさんが多いんですよねぇ。

聞くと島の人でなかったりする、いわゆる、やまとんちゅ。



僕らのように八重山に魅せられて住み着いてしまった言う。

まぁ、分からなくもないですねぇ、それだけ八重山が

素晴らしいという事なんですよねぇ。

さぁ、「南の島の宝物」今日の一枚。

「ミナミハコフグ」これも可愛い魚で、泳ぎ方が実に愛くるしい。

しかし最近見かけないんですよねぇ、貴重な魚なんです。

それで、使命感に燃えて絵に残すのです。

では、ご覧下さい、どうぞ。



もうひとつのブログhttp://blog.livedoor.jp/sdffff0455/もお楽しみに。


コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島へ
2011/03/28 19:53:25 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
この年は、モノクロのフィルムカメラを持っていきました。

今となると懐かしいですが・・・。


絵を描いているとよく解るんです、

「色」と言うのがとても印象的であるという事が。

だから色が限定された世界と言うのは

時にとてもストレートに「形」が強調されるんです。

水牛をモノクロで撮ってみました。



さらには、モノクロームの方が臨場感があるんですよねぇ。



牛さん、可愛い目をしてるんです。草食動物ってやさしいですねぇ。



日付けを見るとちょうど10年前・・・。

この牛さん力持ちで賢いんですよねぇ。


さぁ、そして「南の島の宝物」今日の1枚。

「チョウチョウウオ」かわいんですよねぇ。

僕はこの魚が大好きです。

 
画面をすべて点描で描きました。

ご覧下さい、どうぞ。


もうひとつのブログhttp://blog.livedoor.jp/sdffff0455/もお楽しみに。

コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島へ
2011/03/27 21:11:05 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
竹富島と言えば・・・。

あの、のんびりとした、ゆっくりとした時間が流れる・・・。

観光案内の牛車。

毎年、なぜか、乗りたくなるんです。



えぇ顔してるんですよねぇ。

ちょっと、匂いますが、それがまたいぃんです。



絵になるんですよねぇ。時間か止まった様・・・。

そして「南の島の宝物」今日の1枚。

「真夏の雲」。 この竹富島での照りつく空に

鮮やかに現れた入道雲の思い出です。



もうひとつのブログhttp://blog.livedoor.jp/sdffff0455/もお楽しみに。




コメント(0)
トラックバック(0)

竹富島へ
2011/03/26 20:42:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
毎年なんですが、やっぱりここからの風景は絶景!



特にこの島は、八重山諸島の中でも宝の島だと想います。

島の人達はこの島をとても、とても、大事にされている事を感じます。

南の花たちも活き活きと・・・。



作品の様な美しさ!



そして、「南の島の宝物」今日の1枚。

「沖縄午後2時2」これも竹富島周辺の思い出です。



もう一つのブログhttp://blog.livedoor.jp/sdffff0455/もお楽しみに。




コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]