ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
ターミナル看護と看護師求人支援サイト
2013/03/16 15:16:31 ブログカテゴリ 病院 | 書庫 看護師の転職について
病棟勤務をしているので、カンファレンスはよく開かれます。
病棟勤務はいつも忙しいので、たまに少し時間が出来た時にはチャンスとばかりにカンファレンスをします。

この間はデスカンファレンスをしました。
亡くなった患者さんのカンファレンスです。

スタッフ皆で意見を言い合い、患者さんの看護計画についてと看護についての評価をします。
次に活かせるように問題点を挙げて、今後に備えるのです。

私の勤めている病院は医療病棟であり緩和ケア病棟ではないのです。
ターミナル看護を専門にしている病院への入院を勧められたのは、ガン末期の患者さんでした。

年齢も70代で頭もはっきりしていたのです。
スタッフは精神的ケアをしたかったのですが、専門でないので慣れていません。
担当医も患者さんの疼痛の軽減を第一に考えて治療を行ったかどうか疑問です。

患者さんは、ターミナル期であり緩和ケア病棟の申し込みをしながらも、自宅が近いという理由で急変時に医療病棟に入院してきたのです。
苦痛の緩和を第一に考えて精神的ケアを行い、安心できる最期を送ってほしかったのです。

果たしてどこまでできたのか疑問です。
緩和病棟の看護師の大変さを知るきっかけになったデスカンファレンスでした。

このデスカンファレンスは、ターミナル期の精神看護に慣れていない私たちにとってとても重要でした。
今後にいかさなかければならない課題も多くあったのです。

忙しさを理由に医療の補助的役割に甘んじていないで、しっかりと患者さんの看護をしなければならないという事を再認識した時でした。
看護師求人支援サイトでは、自分の希望する勤務条件の病院を探す事が出来ます。

緩和病棟でターミナル期の患者さんに関わり精神的な支えになりたいと考える看護師もいます。
介護病棟で高齢者の日常生活の援助をしたいと考える看護師もいます。

看護師求人支援などのサイトを利用すると、希望に沿った勤務条件の職場で働く事が出来ます。


コメント(0)
トラックバック(0)

看護師の転職先「アメリカ」
2013/01/15 06:24:04 ブログカテゴリ 病院 | 書庫 看護師の転職について
看護師の免許を取得した後にも働く職場は様々なところが考えられます。
病院での看護師としての勤務を始め介護現場で看護師として勤務することも出来ますし近年アメリカの永住権を取得しやすいといった事もあり日本で看護師として勤務したあと転職先としてアメリカで看護師として働きたいと考えて居る方も多くおられます。


語学の問題、更にアメリカで看護師として働く為の学習プロセスと段階を経て晴れて看護師として働けるので実際にアメリカで看護師になるまでに相当な時間を必要としますが語学の上達と一生を通じて活かせる仕事として何よりもかけがえのない時間になると思われます。



この他にもJICAを通じて海外青年協力隊の看護師として海外で働く道もあります。
赴任時に期間が決まり赴任先は発展途上国という事、そして多民族の中に身を置くことで日本とは違う価値観の中仕事をすることになりますのでこういった道も人生の中でかけがえのない時間となり得ると思われます。


これらの他にも国境なき医師団として世界に19カ国の窓口を設けており医師をはじめとする看護師などが世界の発展途上国で命の危機に直面している人へ医療面そして心のケアといった観点から人道的援助を行う道もあります。


JICA同様に日本とは全く異なる文化や過酷な状況の中に身を置き時には政治的局面に当たるという日本にいてはありえない状況の中での看護師として勤務を行いますので生半可な気持ちでは働く事は出来ませんが強い意思を持ち希望する看護師も後を立ちません。



これらは極端な道であるかもしれませんが看護師として転職を考えた先に世界に目を向け時としては人道的な観点から活動を行いたいとライフワークとして退職をし新たな道へと進んでおられる方も実際に多く居ます。



これらの道に進むためには相当時間の準備に加えて語学や習慣、そして宗教などに関しての勉強期間が必要となってきますが勤務している期間については後々かけがえのない時間となって人生に大きく影響してくると思われます。



コメント(0)
トラックバック(0)

給料アップの転職の注意点
2013/01/05 23:30:22 ブログカテゴリ 雇用 | 書庫 看護師の転職について
看護師が転職する理由で一番多いのが、年収を上げたかったからというものです。それまでのお給料に不満を持っていて、できればもっと良いお給料の職場に転職したいという看護師が多いんですね。


看護師の転職サイトを見てみると、「転職して、給料アップ!」なんて書かれているところも多いですし、実際に掲載されている求人を見ると、高待遇のものも結構多いんです。


看護師の給料は、「大都市か地方か」、「大病院か個人病院か」によってかなり変わってきますので、しっかりと情報を集めて転職すれば、お給料の大幅アップも夢ではありません。でも、お給料だけで転職を決めてしまうと、後々後悔することなるかもしれませんので、注意が必要です。


例外はもちろんあるでしょうが、基本的にお給料の高さと忙しさや苦労は比例していると考えましょう。「仕事は楽なのに、お給料は高い」なんて転職先は、ほぼ存在しないんです。仮に存在したとしても、そんな理想的な職場を辞める人もいませんから、求人はほとんど出ませんし、求人が出たとしてもすぐに応募が殺到して埋まってしまいますよね。


お給料が高いけど求人が出ているということは、その転職先は仕事がハードだったり、夜勤が多かったり、残業が多いかもしれないと考えるべきです。お給料が高いということに惹かれて、詳しい情報を集めずに転職してしまうと、「こんなに忙しいなら、お給料が低くても、前の職場のほうが良かった」という事態になり兼ねません。


「どんなに忙しくても、とにかくお給料を上げたい!」と思っての転職なら良いですが、「できればお給料が高いほうが良い。でも、あんまり忙しいのもなぁ。」という人は、お給料だけに気を取られずに、しっかりと転職先の情報を集めましょう。長く看護師を続けていくには、お給料も重要ですが、働きやすさや職場の環境も重要なポイントですよ。


後悔しない転職をするなら、しっかりと情報を集めて、色々な視点からその転職先が自分の希望に合っているかを確認するようにしましょう。


コメント(0)
トラックバック(0)

看護師に転職しようか迷ってます
2012/12/21 10:48:21 ブログカテゴリ 雇用 | 書庫 全般
今日は、3時間の残業でした。日勤の後に、残業するのは当然の事になっているような気がします。しかも、残業代がつくのは半分くらいで、サービス残業も多いんです。日勤後の残業は、まだ良いのですが、最悪なのが夜勤の後の残業です。2交代制で16時間も働いているのに、その後に残業しなくちゃいけないなんて、何かがおかしいと思いませんか?


私は、看護学校を卒業してからずっと今の病棟で働いているので、この勤務環境が普通だと思ってたんですよね。でも、どうやら違うってことが最近判明したんです。違う病院に勤めている看護師の友人たちの話を聞いてみると、病棟勤務でもきっちり残業代がつくところもあるし、残業がほとんどないところもあるみたい。


私の働いている職場が、他と比べてきつい環境だとわかると、なんとなく「転職しようかなぁ」と思い始めました。だって、やっぱり残業したくないですし。でも、今はなんとなく「転職しようかなぁ」くらいで、具体的に動いているわけではないんです。


今の職場は残業が多くて、仕事もきついけど、それなりにやりがいは感じているし、人間関係にも苦労はしてないんですよね。だからちょっと迷ってます。


とりあえず、インターネットで看護師の転職について調べてみました。そしたら、転職関連のサイトがたくさん出てきてビックリです。利用しても無料らしいので、どれか1つ登録だけもしてみようかなと思ってます。


インターネットに載っている求人は、たくさんありすぎて、全部はチェックできませんでした。でも、良さそうな求人もあったし、少しずつ自分のやりたい看護や希望条件を考えてみても良さそうです。「転職しよう!」と決心した時に、すぐに転職できるように着々とできることは準備しておいたほうが良さそうですし。


病棟勤務だけど、残業があまりなくて、人間関係も良い転職先なんてあるんでしょうか。しかも、お給料が今よりも上がったら言うことなしなんですけどね。


コメント(0)
トラックバック(0)