ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
まるみかなー臣下
2005/05/31 18:35:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
今日はまるみかなーで、まるみかなー臣下の練習がある。というわけで、まるみかなー臣下を紹介しましょう。津波博之、両親民謡歌手の環境に育ち、数少ないヤマチ流(山内昌徳流)唱法の歌い手。与那覇有羽、今年高校を卒業。与那国出身、高校に入学した頃恐る恐る開店間もないまるみかなーへやってきて、幸地亀千代の仲風をリクエストされた時には驚いた。村上佳子、愛媛から三線のために沖縄へ住みつく。松田末吉の弟子として修行中。石川陽子、大阪育ちのウチナーンチュ。大城志津子の元で三線修行中。武田由美子、仙台出身。ホテル従業員をしながら歌の道に励む。ヒトミ(浦谷仁美)、母親が古宇利島出の滋賀県出身。楽器は何でもこなす。今回はウッドベースも弾きます。もう独り加わるかもしれませんが、幕開けはこのメンバーです。

コメント(0)
トラックバック(0)

よなは徹
2005/05/30 17:10:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
よなは徹と初めて合ったのは確か上里三味線店だったか、キャンパスレコードだったかよく覚えてないが、みるみる頭角を現してきたのには少なからず驚いた。世代交代という言葉があるが、スポーツのように押しのけていくのではなく、若いうちから三線だけで食べていける世代もありうるとは大したものだと思う。まるみかなーに来る若くて三線に興味を持っている人たちはよなは徹を目標としているのが多い。去年のまるみかなーでの貴島康男とのセッションは凄かった。今年は去年以上の二人のバトルが期待できそうだ。

コメント(0)
トラックバック(0)

内里美香
2005/05/28 14:10:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
事務所に来てパソコン開いたら、いろいろ議論されていて驚いてます。憂さ晴らしとは心外ですが、これも含めてそれこそ長い目で見ていただけたらと思ってます。今日は内里美香ちゃんの印象を書きましょう。美香ちゃんとは何度かまるみかなーでライブもしているし、他のところでもよく一緒に仕事をしている。とにかく、リハーサルではチグハグでだらだしていて、大丈夫かなと思うが、本番ではちゃんと感情移入して聞かせてくれる歌手。才能を感ぜずに入られない。今回は美香に奄美島唄に兆戦してもらおうかとも思っている。もちろん最新の歌も、徳原清文さんやよなは徹さんとの歌もありますが。奄美の歌にどう取り組むか楽しみ。

コメント(0)
トラックバック(0)

貴島康男
2005/05/26 17:47:31 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
さて、いよいよ10日を切りました。我がまるみかなー三周年記念ライブ「御祝?ぬ世(うゆえまるみぬゆー)」まで。これからは出演者についてちょっと書いてみましょう。まずは、貴島康男君。私が初めて康男君を見たのは1991年の春、ルポライターの故竹中労さんと奄美の取材旅行をした時でした。中学一年生の初々しい貴島君の歌声はさわやかでした。その年の4月には私は「島々の島うた 奄美・沖縄島うたの共演」企画して、坪山豊さん、当原ミツヨさん、池田嘉成さん、中野律紀さんと一緒に奄美より参加していただいた。司会は故照屋林助さんでした。沖縄から参加した、金城実さん、大城美佐子さん、山里ユキさん、山里勇吉さん、宮国米男さんらみんなの度肝を抜いたのがやはり貴島康男君の歌声でした。「あまぐるみ」すごかったなあ。本職、大工。

コメント(0)
トラックバック(0)

国民葬
2005/05/26 17:27:47 ブログカテゴリ ニュース | 書庫 全般
明日、コザ独立国大統領の国民葬が沖縄市のあしびなーにて執り行われる。6時30
分から。誰が来てどのようなものになるかさっぱり情報がありませんが、一応私も初
代閣僚として参加するつもりです。仮想の遊び国・コザ独立国、その大統領・照屋林
助さん。氏が亡くなって2ヶ月が過ぎました。ウチナーポップの元祖はこれからの沖
縄音楽をどう考えていたのだろうか。林助さんはよく、土壌を信じることだと仰って
いました。今はその言葉を噛み締めるだけです。

コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]