ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
台風19号
2005/09/30 19:10:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
台風ですね。10月ですね。2日のキャンパスレコード35周年記念コンサート「コザ・うた・2005」は大丈夫でしょうか。ヤマトから結構来るみたいだけど。心配ですね。明日はリハーサル。私も裏方を手伝いに行きます。当日、我が沖縄音楽デジタルのメンバーも全員動員がかかっていて、ヤマショウタやコジャマサは会場でビデオ撮影しています。ビデオといっても当日はテレビも入りますので、ホームビデオを撮影しているのが我がスタッフで、もし当日コンサートへ来られる会員の方がおられましたら気軽に声を掛けてください。この模様は近々我等がサイトにて見られるかもしれませんぞ。明日は10月ですね。

コメント(0)
トラックバック(0)

津軽三味線
2005/09/29 13:20:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
仁太坊なる人物をご存知でしょうか。我々は今テレビなどで盛んに津軽三味線の演奏を聞きますが、その津軽三味線の元祖というべき人物が仁太坊でございます。これまで長い間、津軽三味線の叩き奏法の歴史は謎とされていましたが、民俗研究家でもあり津軽三味線の演奏家でもある、大條和雄という人が、神原の仁太坊の生涯を追求し、ベールに包まれた津軽三味線の歴史を明らかにしたのです。そもそも三味線は琉球をルーツにして北へ北へと向かい、本州の北限、津軽にて変貌を極め、津軽三味線となります。その津軽三味線を一度ふるさとへ還し、その苦労話と実演を聴こうではないかと、来年の話ではありますが、その演奏会を催す準備に入りました。追って連絡できるでしょう。

コメント(0)
トラックバック(0)

沖縄魂の行方
2005/09/26 12:45:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
嘉手苅林昌の新しいCD「沖縄魂の行方」がリリースされた。発売は10月1日からだ前々からこのブログでも書きましたが、これは1996年10月の久高島でのライブ録音。その他NHK戦争童話集の挿入歌2曲。ドイツ映画の挿入歌1曲。そしてボーナストラックとして本邦未発表作品「恋しアルゼンチン」。今回このCDのプロデュース中に海外の足取りを調べていた、知念満二は嘉手苅林昌がアルゼンチンで作詞作曲した音源を入手した。久高島のライブの10年前の音源。最晩年のドキュメントとして聴いていただけると、島唄の神様がそこに見えてくrかもしれません。製作協力・沖縄音楽デジタル販売協同組合。

コメント(0)
トラックバック(0)

富原ナークニー
2005/09/23 19:20:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
富原ナークニーの工工四をやっとアップしました。採譜者によると記述が難しくて後回しにして今まで延び延びになってしまった。これを指摘しない我々のミスといえましょう。今日はジェス・サンチアゴさんと佐喜真美術館へ行き、佐喜真館長をインタビュー。さすがのジェスさんも、あの丸木夫妻の「絵」にはショックを受けてようでずっと見入っていたので私目の時間がなくなり、とうとうジェスさんを途中で捨てるはめに。彼は今日6時半頃ピースアクションの集まりで歌うことになっているが…。明日は彼が前島アートセンター内、クラブ・ステメンで歌うことになっている。夜7時から。私目は名護へとある講演会のビデオ撮りです。

コメント(0)
トラックバック(0)

国際通り
2005/09/21 11:40:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
昨日は芸能新聞ばんの取材で国際通りへ。編集の小那覇さんと待ち合わせでオーパの前で待っていると、そこへタタバザールの根間さん通りかかり、オーパの前で待っている小浜さんがサマになっているのがおかしい、と褒められてるのか何だか分からないコメント。しかし国際通りといえども沖縄の商売は結構いい加減だねえ。ここではウダウダ書きませんが、俺んとこのまるみかなーは今考えると真面目だったねー。しかし三線屋というか、三線を売っているお土産品店が相当ありますね。皆さん何処で三線習ってるのかしらん。その何分の一でもインターネット三線教室でサンシンするともっとハッピーになれるのに。

コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 5 件を表示 ]