ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
津軽三味線ふるさとへ還る
2006/01/31 09:55:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
津軽三味線の演奏会を4月15日と16日の両日、名護と那覇にて催します。津軽三味線・ふるさとへ還る〜北風(ウルジンニシ)を連れて〜 と、題して大條和雄氏を津軽よりお招きして、津軽三味線誕生秘話とその演奏会です。その出演者がすごい!沖縄からは玉城政文沖縄芸能協会会長を地謡としての古典舞踊で迎えます。ここで三味線の流れをちょっとだけ見てみましょう。
 三味線が沖縄に伝来したのは14世紀末だといわれております。琉球をルーツとした三味線は本土に渡り独自の発展を遂げます。堺の港に、琉球国から波布(はぶ)の皮を張った三弦(さんしん)という楽器が伝来したのは、永禄年間(1556〜69)織田信長の時代だといわれております。やがて三味線の名手が続々と世に出、地歌、長唄となり、歌舞伎と結びついて大きく発展していきます。一方、門付芸、大道芸である説教節や祭文、また謡曲にも三味線が付いて義太夫節(浄瑠璃)となっていきます。三味線音楽は長唄の「歌いもの」と、義太夫の「語りもの」の二系統に別れ、さらに、港唄や俚謡や瞽女歌の伴奏楽器として発展してきました。そして、明治10年代に突如、本州北限の津軽に「叩き奏法」が誕生しました。沖縄から南風に乗って北へ向かった三味線は北限の地・津軽で変貌の極みを遂げ、津軽三味線となりました。謎に包まれた津軽三味線の成立を、生涯通して情熱的に追求した、大條和雄氏をお招きして、その誕生秘話と実際の演奏会を催せることはこの上ない喜びです。
4月15日(土)名護市民会館大ホール
4月16日(日)那覇文化てんぶす館


コメント(0)
トラックバック(0)

空港
2006/01/30 19:20:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
 空港までとある人を迎えに行く。糸満の安里さんがいた。聞くところによると、北海道から友人が来るとか。その北海道からの便で暑そうなコートを着た加藤君が来た。新しい島うたカフェの話題になった。3月の後半には開店できそうと説明。詳細はこれから。夕方の交通混雑に巻き込まれる。これがベトナムだったら、オートバイの波また波というところ。しかし、この間コザのキャンパスレコードの前で、車の波をベトナムのように横断しようとするとやはり危険であった。最近、池上永一の「シャングリ・ラ」を読んだが、途方もないスケールの大きいドタバタSFを沖縄出身の作家が書いているのは嬉しくなった。モモコには最後までニューハーフでいてもらいたかった。

コメント(0)
トラックバック(0)

歌碑巡りツアー
2006/01/25 17:45:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
津軽三味線の沖縄公演(4/15〜4/16)の後援依頼をするために朝9時に歩いて沖縄タイムス社を目指した。到着して、その旨をフロントに語ると、業務は10時からだという。時計は9時20分。えーい!こうなればと、歩いて歩いて、9時45分琉球新報社へ着いた。今度は後援依頼の受付は泉崎の元の琉球新報社でやってるとのこと。あーあせっかくこんなに歩いたのに。タイムス社へ引き返す。いやー遠いのお。さてさて、来る2月5日(日)今回で三回目「小浜司と行く歌碑巡り」があります。今回のテーマは「玉城朝薫と平敷屋朝敏」です。主催はテーゲーオフィスの屋宜(090-2107-3289)だが進んでるのかよく分からない。でも毎回楽しいですよ。

コメント(0)
トラックバック(0)

日曜日
2006/01/20 19:55:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
今週の日曜日はいろいろ目白押しのようだ。沖縄市民会館では徳原清文リサイタルがあるし、クラブ・ステメンでは国吉源次のライブ。私はどちらにも顔を出さなきゃならないが、夜ビセカツ氏と対談(雑誌の企画)。うーん、身体が二つ欲しい。名護市長選も気になるところで、明日は宜野座で打ち合わせがあるので名護まで足を伸ばし、少し様子でも見に行こうかと思っている。日曜日が危ういので今日国吉源次宅へ日曜日の打ち合わせへ。ベトナムからのお土産を渡して、去年の福島県のライブの話などで盛り上がる。源次さんの小言も私にとっては嬉しい言葉。仕事も増えてきてるが、まだエンジンがかからない。

コメント(0)
トラックバック(0)

昨夜
2006/01/17 10:20:00 ブログカテゴリ 沖縄民謡 | 書庫 全般
昨日夜喧騒のベトナムより帰国。今回は仕事も兼ねていたのですが、やはり音楽の方に感心は傾くのでしたが、他の東南アジアの国々のように音楽の騒音が溢れるということでもなく、車とオートバイのクラクションに掻き消され、民族音楽も、あくまでも表面しか見てないので簡単にはいえないが、何だか政治的に見えた。もちろん三絃に二絃に琴に一弦ハープと打楽器の数々の素晴らしい音色と高度な技術の演奏には歴史が感じられ、観るものを虜にして止まない。ともあれいろいろと考えさせられること大で、収穫のあるたびでした。小さな下痢はあったが、喘息が消えてしまった。まだモードが切り替わっていません。

コメント(0)
トラックバック(0)


[ 次の 2 件を表示 ]