ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
排卵日
2009/01/22 19:19:30 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
排卵が消耗するのがあります。1カ月に一度卵巣からの卵。 有がある受精と呼ばれて、排卵卵が精液に触れるということです。 排卵する日、この卵は、前述の「排卵日の」と、排卵日頃の愛を上昇にすることによって妊娠するようになるという確率です。 基礎体温が測定されるとき、排卵した後に特徴(高温の期間)は体温が高くなることになっています。 それがである、「排卵があったと確認できる、、」 分割、一言で言えば高温の期間に入るなら。 排卵日は次の生理学の予想された期日の2週間前になります。 誤差が1にあります--2日にもかかわらず、これは短い月経周期と長い人と共に人でさえも変わりがありません。 排卵は脳の脳下垂体が卵巣に懇願することのために起こります。 卵胞刺激ホルモン(FSH)が卵胞を拡大して、時間が来るなら、多量の黄体形成ホルモンが分泌されます、そして、(LHサージ)卵は疲れ果てています。 、不妊治療の「方法を1円調節します」はがこの排卵時に確かめる医師の治療法です。 医師が定期的に卵胞のサイズと排卵アプローチをチェックすると、それは誘導されます、、「性交をしてください、、」 一般に、卵が卵胞から排卵されるサイズはおよそ2cmです。 排卵が起こると省略殻になった卵胞は、ボディーを黄色にして、プロゲステロン(プロゲスチン)を分泌するようになります。 「排卵問題」が起こらないで、排卵を言うことができません、そして、そのような条件のもとで、それは妊娠します。 まず最初に、排卵は妊娠するすべて上で中で重要です。

コメント(6)
トラックバック(0)