ごーやーどっとネット沖縄  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
なんか起きました…   
2006/07/25 04:08:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 小説…?
別に理由わありません。なんか目覚めたんです…

やはりKゎじっとしてるコトが嫌なんで書きますρ(´□`゜)ファ~

暇なんで,Kも小説ッポィの作りたぃなぁ☆+゜図書委員長(´・ω・)ノ (笑 

ちょっと「現代のかぐや姫」ッてかんじです。
つか,こんなの作ってぃいのかな?まぁいいか。。  



“彼女は一体何者だったんだろう"

今考えるたびにそう思う
でも,僕は彼女が何者でもよかった。それほど夢中だったんだ

彼女とは,ある新月の夜に出会った…






「ゲッッ!!!!ぅそだろぉ〜…」
塾の帰り道,僕の自転車のタイヤがパンクした。
あ゛〜〜…しょうがなぃか…そう思いながら,僕は家路をトボトボ歩いた

ふぃに空を見上げてみると,恐ろしいほど空は真っ黒。僕は恐くなった

「今日は新月か・・・」
普段は空を見ない僕だが,その日は何故か上を向いて歩いてた

すると何処からか透き通った声が聞こえた
こんな時間にだれだょ。
僕は思ったが, 不思議と足が僕をその声のところまで引き寄せていた

公園…?誰が歌ってるのか?酔っぱらいか?

いや違う。酔っぱらいなんかじゃない。

少女だ 少女がブランコに乗りながら歌ッていた




んなわけで今日は終るょ… 
なんか続き気になる方、でわ感想を待ってるょん

コメント(3)
トラックバック(0)